2021.09.25
# 新型コロナウィルス

9割の人が気づいていない、「ロックダウン」後の日本を待ち受ける「予想外の事態」

ヨーロッパが抱えてきた「暗黒面」
山下 祐介 プロフィール

ロックダウンとは何か?

「ロックダウン(lock down)」とは、そもそも錠を下ろすことである。

壁があり、その向こうからこちらへと出られないよう扉を閉め、鍵をかけること。それがロックダウンだ。

Photo by iStock
 

これをパンデミックに持ち込むというのは、以下のようなことである。

パンデミックは人と人の接触で広がる。だがその原因となっているウイルスは見えない。

感染者であるなしにかかわらず、自宅なり収容所なりに閉じ込め、人々が外に出ないよう行動を制限する。

市民の行動を統治者が隔離・監禁し、感染拡大を防ぐこと。これがロックダウンである。

ところで、現在日本で運用中の緊急事態宣言も、同じように、政府が市民の行動に抑制を求めるものである。

それ故、ロックダウンを、緊急事態宣言をただ強化するくらいのものと解している人がいるようだ。

が、それは全くの理解不足。両者は全く異なる次元のものである。

緊急事態宣言はあくまで要請である。人々をどこかに閉じ込めようというものではない。必要があれば私たちは出かけていき、誰でも人に会うことができる。

これに対し、ロックダウンの法制化とは、この行動の必要性の判断を政府が行い、個人の行動を強制的に制限することである。

緊急事態宣言下において、私たちは例えば家の中に閉じこもっている。が、鍵は私たちの手元にある。私たち自身で扉を開け閉めできる。

これに対しロックダウンとは、その鍵を政府がもつということである。

扉を開けて勝手に出てくる者は、鍵を勝手に開けた脱走者である。政府はその脱走者を捉え、収容し、処罰を加えることができる。

壁があり、扉があって、鍵がある。ロックダウンと緊急事態宣言では、その鍵を持つ者が違う。このことで何が起きるだろうか。

SPONSORED