スイッチの入れ方を教えてくれる

確かに黒木は、子供たちや部下に、近寄らないけれど、見守っている。

「口を出さずに放って遠くで見守っておくのって難しいと、ぼくも感じます。信頼がないと、できないと思います。信じているから、放っておけるところもある。

劇中に登場する親はお母さんというよりお父さんが、ちょっと変で(笑)。けれどリアル。お父さんもすごく頑張るんだけど、中にはゲームばかりしているお父さんもいる。そこに、黒木はするどく突っ込むんですね。

黒木先生は、合格に導くだけではなく、みんなにスイッチを入れさせていく。スイッチの入れ方がわからなかった人に、これがスイッチと教えてくれる人。まさに、サービス業ですよ」

撮影/篠塚ようこ
 

さらに黒木は、「嫌われ役をかってでている」という柳楽さん。

「撮影の現場でも、嫌われ役がいないと成り立たないですよね。都合の悪いことを言うわけですよ。嫌われ役のスタッフが1人いないと、現場は進まない。かって出る人がいると、本当に助かると思います。黒木先生は、それを割り切ってしている人。仕事だしって。

ぼくにとって、護身術の道場の師匠がそういう存在です。耳の痛い事を言ってくださる。くださる、ですよね。ぼくは自分に甘くなりがちで、怠け者の気もするし、しゃきっとする場所が必要だ、と感じて、先ほどお話したように、10年くらい前から道場通いを始めました。やり続けると、そういう人間関係も含めて楽しいんです」

(c)NTV
二月の勝者-絶対合格の教室-
中学受験塾「桜花ゼミナール」で研修中の塾講師・佐倉麻衣(井上真央)は2月の中学受験当日、試験会場の前で日本一の中学受験合格実績を誇る「ルトワック」のカリスマ講師・黒木蔵人と鮮烈な出会いをする。辛辣な言葉を残した黒木は、それから2カ月後の新学期、桜花ゼミナールの新校長として佐倉の前に現れた。中学受験を通して人生を学ぶ全世代ドラマ。10月16日より土曜日夜22時放送(日本テレビ系)。
出演
柳楽優弥
井上真央 加藤シゲアキ
池田鉄洋 瀧内公美 今井隆文 加治将樹 住田萌乃
岸部一徳
プロデューサー/次屋尚、大塚英治(ケイファクトリー)
脚本/成瀬活雄
演出/鈴木勇馬ほか

『二月の勝者-絶対合格の教室-』高瀬千穂・著
「ビックコミックスピリッツ」連載中。最新刊13集が発売中

合わせてお楽しみください!

『二月の勝者ー絶対合格の教室ー』1集1話無料試し読み

◇おおたとしまささんが『二月の勝者』とコラボした名言記事「受験生以外にも響く!中学受験を舞台としたドラマ『二月の勝者』12の名言