魔法使いの男の子と三角関係?少女マンガ「まもって!ロリポップ」が胸キュンすぎる

第12回「まもって!ロリポップ」

子どもの頃、どんな少女マンガを読んでいましたか? クラスの中では、なかよし・りぼん・ちゃお・花とゆめなど派閥が分かれていたり、応募者全員サービスのグッズが欲しくて切手を送ったり、夏の増刊号の怖い話特集がトラウマになったり…。

そんな「懐かしい〜〜!」と思わず身悶えしてしまうような記憶が再び!

現代ビジネス少女マンガ部では、平成期にマンガ誌「なかよし」に連載されていた懐かしの作品を毎週火曜日にリレー形式で紹介します。

無料試し読みもありますので、ぜひ当時のときめきを思い出してみてください。

思い出や感想ツイート、リクエストツイートもお待ちしてます。Twitterのハッシュタグ「#現代ビジネス少女マンガ部」をチェック!

現れた男の子ふたりは…魔法使い!?

第12回で取り上げるのは、「なかよし2003年2月号」より連載がスタートした「まもって!ロリポップ」(菊田みちよ)。2001年に「銀色模様」でデビューした菊田みちよさんの初連載となる作品です。

「まもって!ロリポップ」(講談社)

この号の表紙は、同じく新連載のフクシマハルカさんの「アイがなくちゃね!」。連載ラインナップには、「東京ミュウミュウ」「ぴちぴちピッチ」「娘。物語」「ほっぺにチューボー!」「新☆だぁ! だぁ! だぁ!」「うるきゅー」などの人気作が並んでいます。

資料/講談社資料室

「まもって!ロリポップ」は、なかよし2003年2月号から2005年7月号までの長期連載。もともとは、なかよし2002年11月号の別冊付録「なかよし ザ・ネクスト」で発表された作品のひとつで、読者投票で第1位を獲得したことで連載作となりました。2006年にはアニメ化も果たしています。

あらすじを見てみましょう。

<友だちとお茶をしていたニナがうっかり飲み込んじゃったのは、魔法使いの試験で使われる「硝子真珠(クリスタルパール)」だった!? その日から、超カッコいい魔法使いコンビ、ゼロ&イチイとドッキドキの日々がはじまって……>

 

魅力的な魔法使いたちが次々と登場!

「強くてやさしくってカッコよくって あたしを守ってくれる男のコ」。そんな男の子が理想のニナはいたって普通の中学1年生。それが「硝子真珠(クリスタルパール)」を飴玉と間違って飲み込んでしまったために、魔法界のドタバタに巻き込まれることになります。

硝子真珠を追って空飛ぶ車で現れたゼロとイチイ。彼らは魔法使いで、プロの魔法使いになるための試験「魔法試験」の真っ最中だと言います。受験生は2人1組でチームを組み、人間界に落とされた硝子真珠を探し、半年後の試験終了時に硝子真珠を持っていたチーム1組だけが、プロになれるシステムなのです。

ニナの中の硝子真珠を狙って次々と襲来する見習い魔法使いたち。それを守ってくれるゼロ&イチイがとにかくカッコいい! ちょっとガサツでニナとはケンカが絶えないけれど、いざというときは気にかけてくれるゼロ。冷静で大人っぽいけれど実は毒舌な一面もあるイチイ。数々の試練に見舞われながらも持ち前の明るさとタフさで乗り切っていくニナに、ふたりは共に惹かれていくのですが、「いったいどちらを選ぶのか!?」と読者はドキドキさせられました。

(c)菊田みちよ/講談社

登場する他の見習い魔法使いも魅力的でした。召喚魔法を操るゴスロリ美少女のサン。サンにしばしば女装を強要されている催眠魔法が得意なフォルテ。イチイに一目惚れしているロッカ(本来は5歳児、魔法で14歳に変身)。ロッカの執事で、お目付役のゴウ。飛び交う魔法の応酬もアクション満載で読み応えたっぷりです。

魔法界独自の受験システムや人間関係など、ファンタジー好きにはたまらない設定もずらり。ゼロ&イチイはプロ魔法使いになれるのかーー、ニナとの三角関係はどうなるーー? ぜひキュートでポップな世界観にハマってみてください。

次回は10月26日に更新です。お楽しみに!

関連記事