緊急事態宣言下で生まれた
バーチャルデモで聞こえてくる多様な声

リアル世界で人が密集することが懸念となった2020年、画家の藤嶋咲子さんが考案した「バーチャルデモ」が話題となった。Twitterの投稿に対するリツイート数を参加者として数え、人数分のアバターを3DCG空間に発生させたのだ。「検察庁法改正案」の際には、バーチャル国会議事堂前に抗議する数万人が集まった。

「#BLM」の際にはホワイトハウス前に、「東京五輪の再延期または中止」の呼びかけには新国立競技場前に、バーチャルデモが起こった。

「外出も集合もせずに声を集めるアイデアでしたが、結果的に平時でも遠くに住んでいるため参加できない人や、学校や子育てで時間がない人の多様な声をデジタルだからこそ集められると学びました。瞬発的に多くの人が集まれる点だけでなく、小さくて多様な声を遠くに届けられる可能性を秘めていると感じます」

藤嶋咲子(ふじしま・さきこ)
画家。二次元と三次元、フィジカルとデジタル、生物と無生物といった、相反する概念が混じり合うような作品をテーマに制作。アナログ絵画制作がメインだが、最近ではTwitterを介したインタラクティブなデジタル作品も発表。

-AD-

変化の延長線上にある未来を想像したときに
その前例になるのはめちゃくちゃクール

生理用品を買うときに紙袋を用意されるなど、女性の身体にまつわることは隠すのが当たり前とされてきたことへの疑問を投げかけた、ソフィの「#NoBagForMe」プロジェクトをはじめ、主に女性向けの企業コミュニケーションやブランディングを行う村山佳奈女さん。

「『女性は常に美しくあるべき』『男性は強く、逞しくあるべき』といった、従来のステレオタイプをアップデートするのが仕事。自分でも、「歌姫」「女子高生」「処女作」など、根底にジェンダーバイアスが横たわる単語を極力使わないように気をつけています。まだまだ修業中ですが……。映画『ストーリー・オブ・マイライフ』、『ドリーム』を観てください。過去から現在への変化のベクトルを知ると、延長線上にある未来が見える。そのための前例になるのは、めちゃくちゃクールなことだと思います」

村山佳奈女(むらやま・かなめ)
博報堂ケトル ディレクター、編集者。ソフィ「#NoBagForMe PROJECT」、Schick「BodyHairPositive」など、フェミニズムの思想をベースにしたPR/クリエイティブ業務を数多く手がける。受賞歴に、日経ウーマンエンパワーメント広告賞、PRアワードグランプリなど。

●情報は、FRaU2021年8月号発売時点のものです。
Photo:Yuji Hachiya(松田文登) Text & Edit:Chihiro Kurimoto

「FRaU×SDGsプロジェクト」の
会員になりませんか?【登録受付中】

2030年のゴールに向けて多くの方に「SDGs」を知ってもらい、“ご自身にできることを見つけてほしい”“アクションにつなげてほしい”そんな願いからスタートした「FRaU×SDGsプロジェクト」。

このプロジェクトの会員の皆さまには、SDGsにまつわるさまざまな情報、今後開催予定のイベント告知、FRaU誌面やFRaUwebの企画参加のご案内などをお送りしています。FRaU主催のイベントに優先的にご参加いただくことができたり、サステナブルグッズの会員限定プレゼント企画に応募できたり、さまざまな特典もご用意。(※新型コロナ感染拡大の影響で、現在はオフラインイベントは開催を見合わせておりますが、オンラインイベントを予定しています)

さらにメールマガジン登録された方には、最新トピックス満載のメールマガジンを毎週配信。イベント告知などはイチ早くお届けします。年齢、性別などの条件はなく、登録も無料。ご興味のある方は、会員登録ページよりご登録をお願いします。

SDGs会員について詳しく知りたい方はこちら▼
https://gendai.ismedia.jp/list/special/frau_sdgs