日本の音楽にはもっと「批評」と「歴史」が必要だ…人気YouTuberがそう語る理由

みのインタビュー
柴 那典 プロフィール

――「みのミュージック」はどんなビジョンで始めたものなんでしょうか?

もともと自分はエンタメ系のYouTuberだったんです。カリスマブラザーズの時に扱っている企画は、いわゆる水モノというか、トレンドを追っかけるような方向で。派手なサムネイル画像とタイトルがあって、それを入り口にお客さんが入ってきてコンテンツが回るという経験しかなかった。「みのミュージック」を始めた当時はまだ教養路線のチャンネルもそんなになかったし、「これでいけるのかな?」という感じでした。

みのミュージック
 

――手応えを感じるようになったタイミングは?

まず、解散をきっかけに興味をもった人はどんどんいなくなっていきました。振り返ると、200本ぐらいの動画は練習みたいな感覚だったと思います。本当にマニアックな、「誰が興味あんの?」といったものを作っていたんです。自分としては再生数が3〜5万回行けば大成功だろうと思ってましたけれど、その数字も実現するのは難しいだろうと予想していて。でも、そこを超えるようになってから、かなり景色が変わった。他のところでもいろいろとお仕事させていただけるようになりました。一つのきっかけとしては、自分が今一番格好いいと思う邦楽のアーティストをいくつか紹介しますという動画をあげたら、それが30万回再生くらいになったんです。そういうことをやっている先達がいなかったんで、手探りだったんですけれど、アーティストを紹介する動画が30万再生行くんだ、と思って。そのあたりから「これはいけるかも」と思い始めた感じです。

――カルチャーを紹介していくYouTubeチャンネルに、一つの可能性を感じた。

そうですね。ちょうどその頃、芸人さんがYouTubeにようやく本格的に参入してきたところだったので。以前は芸人さんとYouTuberのあいだに隔たりがすごくあったんです。でも、それが無くなったのを見て、ミュージシャンがここに来るのも時間の問題だろうと思った。ミュージシャンの方々がYouTubeに出演することになった時の場所を作ることができる気がして、そこに希望も持っていました。そこに希望も持っていました。

関連記事