日本の音楽にはもっと「批評」と「歴史」が必要だ…人気YouTuberがそう語る理由

みのインタビュー
柴 那典 プロフィール

批評ってなんだろう?

――コロナ禍以降、芸人にとってもミュージシャンにとっても、YouTubeチャンネルが発信の場として大きな存在感を持つようになってきていると思います。その変化はどう見ていますか?

僕のようにYouTubeにチャンネルを持っていて、定期的にコンテンツを出していて、それが仕事の一部になっている立場からすると、正直、そこまでコロナの煽りは受けていないんですね。僕もステージに立つようなお仕事をいただいたりしていたんで、そういうのはなくなりましたけど。でも、ミュージシャンの方はやっぱり大変そうですね。大きく違うのは、ミュージシャンのコンテンツって、球数を稼げないんです。たとえば人気のある芸人さんだったら、事務所の会議室で1日に何本も動画を撮って、それが何十万回再生されたりする。なんなら、それが新しいビジネスモデルになったりもしている。でも、ミュージシャンの方は、やっぱり作曲して演奏して、きっちりライブをやって、それを何台ものカメラで撮影する。そうなると、なかなか球数が稼げない。そこは大変そうだなと思います。

――みのさんご自身も、ミュージシャンとしての活動と、YouTuberとして音楽を紹介したり考察を語る動画を投稿する活動と、両方を並行して行っているわけですよね。とてもユニークなスタンスだと思うんですが、このあたりはどうでしょうか。

自分としては、ただ肩書きとしての見え方が新しいだけで、こういった活動をしていた方は沢山いらっしゃったと思っています。たとえば大瀧詠一さんは、ミュージシャン活動の傍らで、ラジオ番組ではかなり突っ込んだ批評も行って、書籍も刊行されてきたわけです。ミュージシャンと評論家の両方で活動されてきた方たちは、今までも沢山いると思います。ただ、今の時代はYouTubeという発信の場がある。それだけの差で、個人的にはそこまで変わった組み合わせの仕事をしている感覚はないです。もっとミュージシャンが批評する比重が多くなってもいいのかなって思ったりもします。

 

――今おっしゃった「批評」というのは、とても大きなポイントだと思います。YouTuberとしてコンテンツを定期的に出していく上で、そもそも批評性を持った語りをやろうという意識があった。そこにはどんな原点があったんでしょうか。

もともと、そこまで批評に自覚的な状態でスタートしたわけではなくて。チャンネルが立ち上がってからしばらくして「批評ってなんだろう?」と考えるようになったんですね。批評に関しての本を読んだり、批評そのものに向き合う時期があった。そういうことをやっていくうちに、去年の秋に村上隆さんの『Superflat』という本を読んだ。そこには展示の目録と共に「スーパーフラット」がどういう概念なのかという批評が書かれていて。批評ってめちゃくちゃ大事なんだと感じたのが大きかったです。そのあたりから、批評に対する姿勢、それをYouTubeという場でやるということが固まってきた感じです。

――実際にチャンネルで共演もされましたが、村上隆さんから受けた影響は大きかったですか?

ものすごく大きかったですね。あらゆる方面で刺激的な出会いでした。いろいろ会話をしていくうちに「あなたがそういう批評をしていかなきゃダメなんだよ」って背中を押してくださるんです。あなたの歴史観はあなたの頭の中にしかないんだから、って。向こう見ずでもいいから、とりあえずやってみようっていう気持ちにしてもらえた感じですね。

関連記事