2021.10.27
# メルカリ # ライフ

メルカリで「出品しないほうがいいもの」4選…収支マイナスになるかもしれない「条件」

川崎 さちえ プロフィール

リサイクルショップのほうがまだいい?

サイズが大きいだけではなく重さにも注意が必要です。以前5kgのダンベルを出品したことがありました。しかも2個セットだったので、合計で10kgです。

このダンベルもホームセンターなどで買えるようなお手頃価格のものですし、結構傷があったので2個セットで1800円程度で出品しました。梱包するとサイズが80サイズに収まったので、らくらくメルカリ便ではなくゆうゆうメルカリ便を使うことに。

ゆうゆうメルカリ便は、荷物のサイズで送料が変わりますが、重さは関係ありません。ただし25kg以内です(らくらくメルカリ便は荷物のサイズと重さで送料が変わります)。80サイズの場合には800円で送れます。

でも1800円で販売してもメルカリの手数料が180円かかりますし、送料も自己負担。そうなった場合の売上金の額で納得するかどうかは出品者の判断ですが、中には出品を考える人もいると思います。10kgの商品の梱包や発送もあるので、悩みどころかもしれません。

販売価格のわりには送料が高くなってしまう商品もあるので、出品前には必ず送料を計算しておく必要があります。送料があまりにも高くなるなら出品しない判断もありますし、場合によってはリサイクルショップなど身近なお店に持ち込むのも良いのではないかと考えています。

ちなみにですが、筆者の知人はダンベルとして活用するのではなく、漬物石にすると言っていました……。

Photo by iStock
 

大量に出品されているもの

高級ブランドのショップの紙袋や人気のショップの紙袋などが、メルカリで売れていた時期がありました。例えばヴィトンやエルメスなどです。でも現在では非常に売りにくい状況になっています。

というのも、このような紙袋が売れるという情報が浸透してきてしまい、出品数がものすごく多くなってしまったのです。競争が激化しているので、そこで勝つにはすごくレアなものを出品するか、もしくは大量に集めて数で勝負するかになってしまいます。かなりのレッドオーシャンになっているため、今現在はショップの紙袋の出品はあまりおすすめできません。

SPONSORED