親の育て方に問題があるのだろうか…

よく、東大出身の人たちが「親に勉強しろ、と言われたことがない」と言っているのを聞きます。でもそれって“言う必要のない子”だったからじゃない?と少し穿った見方をしてしまいます。自発的に取り組める子だったら、親は必要以上に環境を整える必要はありませんが、隙あらば私の目を盗んでYouTubeを見たり、面倒なことを後回しにしてダラダラしている我が家の長男。

-AD-

“宿題をやるのが面倒くさいから辞める”、というプロセスも私をイラつかせている要因の1つですが、子供なんてみんなそうだよ、と夫は言います。
でも、周りにはそうではない子もいるのです。
そんなお友達を見ていると、これはそれまでの親の育て方が、“学ぶことの楽しさや出来た時の喜びを知る、自立した子”を作りあげたのではないか?
ということは、やっぱり私の親としての裁量のなさが原因だ、と深い溝へ落ちていきます。

トップアスリートの方の幼少期の話を聞くと、ある程度親が誘導したり、環境を整えることは悪いことではない、とも思います。
その子の個性を引き出し、伸ばし、サポートしていくのも親の役目。
それがその子にピタリとはまればいいのですが、我が家の塾の様に……。

そもそも、私はなんで子供に勉強してほしいのか。

将来、子供には苦労してほしくないから?