マスクとワクチンは自己犠牲の精神…? コロナ騒動で分かった「日本人の残念すぎる性根」

中川 淳一郎 プロフィール

一方、我々とは考え方が異なる都民ファーストの会の都議・おじま紘平氏は「マスクせずワクチン接種していない人間で何もなかったのは両方した人間に守られているためであり、感謝すべきである」(意訳)とツイートした。完全に我々を社会害悪と捉えている。

あとは「あなた達、反ワク、ノーマスクがいるから、こんだけガードしてるんですよ」というツイートに対し、「どこかのP」氏は〈 1%いるかも分からないノーマスクがそんなにとんでもなく広めてる設定の中で生きているんですか サバイバル生活って大変ですね 〉とマスク信者を論破した。

様々な専門家のメディア発言を網羅している「あーぁ」氏はこうだ。10月21日のツイートである。

〈 専門家は今感染が激減してるのは「日本人がちゃんとマスクをつけてるから」と言い張るがデルタ株で感染拡大してた時も95%以上マスクしてた事をもう忘れたのか。こんなテキトーな妄言を繰り返すなら誰かが言ってたけど専門家はもうこれから何を言う時も必ず語尾に「知らんけど」をつけてほしい 〉

これらのツイートはいずれも納得性が私には高い。ただ、コロナを過度に恐れる人にとっては暴言とも取れるだろう。だが、結局「コロナはヤバ過ぎるウイルス」という設定を崩せなくなった専門家・メディア・政治家によりあなたはまだ洗脳されている状態なのだ。いい加減に目を覚ませ。お前らが日本復興の足を引っ張っているのだ。

もう、「マスクとワクチンが素晴らしい」という設定はいい加減やめてはいかがか?

Gettyimages

「マスク・ワクチンのおかげ」では説明できない

ウイルスという自然の力を、人間が完全にコントロールすることなど無理な話だ。運悪く感染し、発症したら医者に治してもらえばいいだけであり、メディアが連日報じる必要はない。こんな記事もある。

〈 12人感染北海道 2日連続前週下回る…「特養」のクラスター9割が“ワクチン接種済み” 無症状で拡大か 〉

希望する高齢者の大多数がワクチンを2回打っているにもかかわらず、高齢者施設では相変わらずクラスターが発生している。ワクチン万能論者はこれをどう説明するのだろうか?

現在ドイツでは陽性者が激増している。その理由として「未接種者の感染が増えている」が挙げられている。だが、今年11月4日は35662人、昨年の同日は20228人。昨年の接種率は0%で今は67%。分析があまりにも適当である。

結局、コロナ騒動は「マスク・ワクチンは万能」主義者と「マスクってただの布じゃねーの? ワクチンはやりたいヤツがやればいいんじゃねーの?」主義者の思想の争いの話であって、科学などではまったくないのである。

そして「マスク・ワクチンは万能」主義者の数が多いため、後者が非常識な人でなし扱いされているだけだ。

なお、「ワクチンは5Gに反応する謎の物質を体内に入れる」などの珍説を信じる人間のことはスルーすべきである。これは荒唐無稽過ぎる。我々を彼らと同一視しないでほしい。

 

私が本当に不可解だと感じるのが、マスクへの盲信ともいえる信頼感の高さだ。不織布マスクの網目は5㎛である。そしてコロナウイルスは0.1㎛だ。不織布マスクは花粉は防御できるだろうが、コロナウイルスは防御できない。

こう書くと「飛沫はもっと大きいのだ」と来るが、マスクの表面にウイルスが付着してそれを外したり触ったりするからウイルスは手に付くだろう、と思う。

関連記事