「毒にも良薬にもなる。」

そんな、ドキッとした言葉が帯についている本が刊行となった。教育ジャーナリスト、おおたとしまささんの『なぜ中学受験するのか?』(光文社新書)だ。おおたさんは、名門校やそこに集う子どもたちの姿など、輝かしい中学受験の一面を取材しながら、ただ塾ありきの状況や、教育虐待の現場など受験の闇とも向き合ってきた。つまり「中学受験」は子どもにとってプラスになるためのもののはずが、ともすると大きなマイナスにもなりうることを見聞きしてきたのだ。

とにかく偏差値の高い中学に行かせなきゃ! なにがなんでも中学受験しなきゃ! 公立はさけなきゃ! とただ受験ありきの過熱した空気は、危うさを帯びてくる。そこで中学受験とはなにか、毒にせず、良薬にするにはなにが必要なのかの考察を本書より抜粋紹介、「不合格より怖いこと」がなにかをご紹介する。

 

憧れの学校に合格できないことは「失敗」ではない

「あのご家庭は中学受験で失敗して……」というセリフを聞くことがときどきある。しかしよくよく聞けば、単に強く望んだ学校に合格できなかったことを「失敗」といっているケースが少なくない。

中学受験で得られるものを最終的な合否だけで見れば、そもそも中学受験生の7割以上は「失敗」だ。中学受験で首尾良く第一志望校に合格できるのは3割にも満たないといわれているからだ。

しかし中学受験で得られるものをもっと大きな視野でとらえれば、入学を切望した学校に合格できないことは必ずしも中学受験の「失敗」を意味しない。そこで中学受験を、親子での大冒険だととらえてみたらどうだろうというのが拙著『なぜ中学受験するのか?』の提案だ。

アメリカの神話学者ジョゼフ・キャンベルは名著『千の顔をもつ英雄』で東西の多様な神話を列挙し、英雄の出現に、分離→通過儀礼→帰還のパターンが踏襲されていることを明らかにした。それが人間を覚醒させる普遍の法則であることが示唆される。

現代社会における同様の構造を、私は中学受験に見出すのだ。小学校に通っているだけでは知り得なかった世界があることを知り、数々の試練を経験し乗り越え、その過程で得たものを世の中に還元する。

中学受験勉強の約3年間を、小説『指輪物語』(映画『ロード・オブ・ザ・リング』の原作)や小説『はてしない物語』(映画『ネバーエンディング・ストーリー』の原作)のような、大冒険の物語だととらえるといい。

映画の登場人物が数々の試練を乗り越えながら成長していくように、中学受験生とその家族も、数々の試練を乗り越えながら成長する

Photo by iStock

テレビゲームの中でバーチャルな冒険をするのとはわけが違う。よほどやり方を間違えない限り命を奪われる危険こそないけれど、現代社会においては数少ない、リアルにスリリングな冒険である。だから中学受験は、小説や漫画の題材にもなりやすい。

子どもにとっては文字通り果てしなく感じられる壮大な行程を、目的が本当に達成できるのかもわからない不安の中で、それでも一歩一歩着実に進まなければならない苦難の旅だ。

どこに落とし穴があるかもわからない。怪物が現れ、回り道を余儀なくされるかもしれない。そのたびに感情が揺さぶられる。本当の恐怖も感じる。中学受験をしていると、誰もがそういう状況を必ず経験する。必ず、だ。

でも、最初からそういうものだととらえて中学受験を始めれば、スランプが来たって、宿題の答えを写していることが発覚したって、志望校選びで親子の意見がわかれたって、「この状況、どうやって乗り越えたら自分たちらしい物語の一ページになるか?」と考えられる。

不測の事態や不本意な状況に際したとき、それをどう意味づけし、どうやって成長の糧にすべきかを示すのが親の腕の見せどころだ。それはそのまま人生を生き抜くための指針にもなる。