11月2日の夜、米国のCDC(米国疾病予防管理センター)は、小児のファイザー製の新型コロナウイルスワクチン緊急使用を認可した。翌日の3日からさっそくアメリカでは5歳から11歳の子どもへの接種が開始された。

「うちの6歳の息子もさっそく1回目の接種を終えました」と話すのは、アメリカ・ボストン在住で、ハーバード医学部助教授、マサチューセッツ総合病院(MGH)の小児精神科医で小児うつ病センター長をしている内田舞医師だ。

日本では感染者数が低下し、コロナへの関心が少し薄れた感覚があるが、世界では次の波に対抗する予防策を展開し始めている。息子さんの接種の状況とともに、子どもへの接種が進む理由を前編・後編で内田医師が解説。まず前編では、6歳の息子さんの接種の様子を中心に、アメリカでの状況を内田医師にレポートしてもらった。

 

米国で始まった5~11歳のコロナワクチン接種

緊急使用の認可が11月2日の夜で、翌日の3日からは各所で接種が始まりました。私には3人の子どもがいます。上から6歳、4歳、8ヵ月の赤ちゃんですが、6歳の長男も今回対象年齢になったので、先日1回目の接種を済ませました。

今回の小児の接種に関して、対応が敏速なことに驚かされます。

私は小児精神科医なので、今日も外来でたくさんのお子さん(患者さん)を診てきたのですが、今日診た5歳から11歳のお子さんに関しては、なんと全員すでにコロナワクチンの1回目を接種済でした。この日は、子どもへのコロナワクチン接種が開始されてからまだ5日目。それなのに、全員接種しているというこのスピード感!

アメリカは地域によっては大人の接種率が低いところもあるのですが、私が住んでいるボストン近郊は、医療リテラシーが高い人たちが多いので躊躇なく子どもの接種を選択する家庭がほとんどです。接種ができるシステムも非常にスムーズで、承認前から様々な工夫を凝らして医療者や接種会場が準備をしてくれてきたことが明瞭に見えます。きっとこの2週間でボストン近郊の子ども(5~11歳)の接種はほぼ完了するのでは、と言われています。

日本は、世界の中でも衛生に対する意識やワクチン接種率の高く、現時点では感染者率は減少した状態を保っています。ですが、パンデミックが収束したわけではなく、残念ながらこれから冬に向けて再拡大が懸念されています。日本でもコロナワクチンの3回目接種が予定されていますが、再び感染拡大が予測される中で、子どもの接種をどう考えるか……。まずは、先に始まったアメリカの現状を知っていただき、考える材料になればと思うのです。

カリフォルニア州のアリータの接種会場の様子。たくさんの5~11歳の子どもが接種に参加している。photo/Getty Images