2021.12.05

老父が「介護ヘルパー」に“色目を使う”…気持ち悪すぎて吐き気がする「独身長女」の悲劇

親子といっても、その関係性は親子ごとに異なります。

世の中には、「親に介護が必要になったら、子が世話をするのは当たり前」と信じきっている人がいます。それも、決して少なくない割合です。

しかし、そうした考え方は、“社会通念”ともいえる形で“子”を苦しめることがあり、結果として不幸を招くこともあります。

東京で暮らすマユミさん(46歳独身)もそんな1人です。

親子の関係は様々… photo/iStock
 

大嫌いな父親が倒れた

マユミさんは子どものころの記憶をたどっても、父親との良い思い出はないといいます。

記憶に蘇るのは、父親が母親を怒鳴りつけ、母親が泣いていたこと。

父親には外に交際している女性がいて、何日も自宅に帰ってこないことがありました。自宅にいるときも、いつも不機嫌で、母親は父親の顔色をうかがってばかりいたそうです。

母親が出す食事を「こんなまずいもの、食えるか」と怒鳴って払いのけ、食器ごとテーブルから落ちていくこともありました。

SPONSORED