負け組・河野太郎と小泉進次郎が密談! 「神奈川同盟」の恐ろしい野望をすべてバラす

雌伏のときだからこそ、やっていること

「ドリームチーム」の落日

10月、岸田政権が発足してもっとも割を食ったのは、国民から圧倒的な人気を誇った石破茂元幹事長、河野太郎規制改革担当相、小泉進次郎環境相だ。

民意と永田町の論理がかみ合うことはあまり多くないのである。「自民党ドリームチーム」を結成した三人は、総裁選で岸田文雄首相に敗北した。

Photo by GettyIMagesPhoto by Gettyimages
 

こともあろうに予備選の議員票で、河野太郎は安倍元首相が擁立した高市早苗政調会長の後塵を拝する結果となった。河野は党員票で盛り返したものの、決選投票で勝てるわけがないことは、もとより誰の目にも明らかだった。

権力闘争に負けた政治家に待ち受ける現実は、なんとも残酷で惨めな冷遇が待ち受けている。だからこそ、闘争はより過激で先鋭化されるのだ。また、そうでなければ総理総裁を目指す者の主張は強くならない。どんな手を使っても、勝たなければ自らが信じる政策の実現もない。

総裁選に負けた石破元幹事長の派閥「水月会」は、会長代行として石破を支えていた山本有二元農水相、伊藤達也元金融相、古川禎久法相が相次いで退会し、衆院選では二人の落選者を出して勢力は縮小の一途である。

関連記事