社命に忠実に働くより自由気ままに働いたほうが成果が上がる、意外な理由

楽天大学学長と新規事業家が語り合う
仲山 進也, 守屋 実 プロフィール

働き方と報酬が進化する4つのステップ

守屋 もう一つ、図を作ってきたんです。仲山さんのいう「働き方の4ステージ」と、僕の「報酬の4段階」も実は同じことを言っていますよね。僕は「加減乗除」なんていう気の利いた表現ができないのでステージ名が数字のままですけど(笑)。
第一段階では2人とも「量稽古」という言葉を使っている。そして、二段階目は強みの形成。三段階目は生態系、つまり仲間を持つこと。そして、四段階目は自由とチャレンジ。頭の中がシンクロしていて驚きました!

■仲山氏の「働き方の4ステージ」(左)と守屋氏の「報酬の4段階」(右)

仲山 ホント完全に一致してますね! よく「ネコがトラになるにはどうすればよい?」と聞かれるのですが、4ステージの「加」と「減」をしっかりやり切るのが大事です。「圧倒的な量稽古による突き抜けた強み」が、トラへ進化するために必要なので。

守屋 仲山さんと僕は、それぞれ違うフィールドを歩んできましたが、同じように感じているということは、この4段階には普遍性があるといえますね。ステージごとに仕事のスタイルを変えながら成長・進化していくことは、会社員でも自営業者でも同じだということですね。

関連記事