2021.12.20
# AD special

「健康経営」を通じて従業員の“Well-being”を高める取り組み

企業を強くする「ウェルビーイング」セミナー

社員一人ひとりが光り輝く社会に

それでは最後にまとめさせていただきます。

企業の価値の源泉は無形資産である人的資本が多くを占めており、人的資本は心に火が点くことで本質的な資本となること。火を点けてもらうには、企業の「パーパス」と社員の想いとが一致することが望ましいこと。また、社員が日頃から持続的な幸福感を抱く、つまり「Well-being」な状態であれば、企業も成功しやすいこと。さらに、働く意味や考え方が変わることで、人的資本は中長期的に成長し続けることなどをお話ししてきました。

つまり、人的資本への様々な投資が企業に多くの利益をもたらす、ということがご理解いただけたと思います。

私たち生命保険会社ではこれまで、お客さまに対して、ライフプランの作成をサポートするサービスを提供してまいりました。しかし、お客さまの人生に寄り添い、より力強くサポートしていくためには、ライフプランの作成に留まるのではなく、職業人として「パーパス」が必要なように、個人としても「生きるためのパーパス」、人生理念を明らかにし、それに基づいてお一人お一人に人生を経営していただくための総合的なサポートが必要であると考え、具体的な取り組みを進めています。

私たちはこの取り組みを「ライフマネジメントコンサルティング」と定義しています。

弊社のある社員が、アクサ生命のパーパスに従って、「私たちはお客さまの何をお守りするのか」を考えてくれました。

私たちはお客さまの金融資産を単にお守りするのではなく、お客さまの想い、プライド、信念などの無形資産をも守りたいと考えていること。既存の価値観や、少子高齢化といった社会環境などに縛られずに、人生の経営者として自由に計画を描くお手伝いをすること。また最終的な人的資本の完成は、企業を飛び出した後に、その人の「セルフブランディング」の構築をサポートすること、などです。

現在、こうした考え方に基づく「健康経営」を通じて、社会的な健康、心と身体の健康を支えるために、多くの従業員の皆さまに「ライフマネジメントコンサルティング」を体験いただいております。

人生100年時代、企業の発展とともに、社員の皆さま一人ひとりが光り輝く社会となりますよう、私どもも努力してまいります。

アクサ生命「2021 アニュアルレポート アクサ生命の現状」
https://www2.axa.co.jp/info/ir/annual/pdf/AL_all_2021.pdf

アクサの「健康経営サポートパッケージ」産業医プログラム
https://www.axa-assistance.co.jp/occupational_physician/