2021.12.14
# ライフ

3位「幸」、2位「耐」、気になる1位は?ママ・パパが選んだ「今年の漢字」ランキング

妊娠・出産・育児の情報メディア「ベビーカレンダー」などを展開する株式会社ベビーカレンダーが13日、〈ママ・パパが選ぶ「今年を表す漢字一文字」〉を発表した(調査概要は記事末尾に)。

同日、日本漢字能力検定協会も「今年の漢字」を発表したが、結果に違いはあったのだろうか?

ママ・パパが選ぶ漢字3位は「幸」

まず日本漢字能力検定協会が清水寺で発表した「今年の漢字」のおさらいから。

こちらは1995年から毎年公募されており、オリンピックイヤーの今年は、応募総数22万3773票のうち「金」が1万422票を集め「今年の漢字」に選ばれた。なお、昨年はコロナ禍もあって「密」が最多だった。

では、ママ・パパが選ぶ「今年を表す漢字一文字」はどうだったのか。

こちらはトップ10まで公表されているが、本稿では第3位から見ていこう。

第3位「幸」

株式会社ベビーカレンダー リリースより
 

「幸」を選んだ応募者は以下のようにコメントしている。

・20代女性/1児の母
「なかなか授かれなかった子どもが今年ようやく授かり、夫婦で幸せを噛み締めながら生活してきた1年でした。周りの方にも恵まれ、身近なところにいろいろな幸せがあると感じました。」

・30代男性/3児の父
「子どもができたことと、コロナのおかげで普段より家族一緒に過ごせているからです。」

コロナ禍ではあったが、新しい家族に恵まれ、こんな時代でも「生まれてきてくれたことに幸せを感じる」思いがあるようだ。

SPONSORED