とても大きな力に対し、弱い一般市民があらがうことは難しい。しかし正義のために「誰か」が動いてくれたら――そんな思いを形にしたドラマ『アバランチ』(カンテレ/フジテレビ系 月曜22時~)が12月20日に最終回を迎える。

主演の綾野剛さんはじめ、「アバランチ」メンバーに木村佳乃さん、福士蒼汰さん、千葉雄大さん、高橋メアリージュンさん、田中要次さんが名を連ね、アバランチが失脚を狙う大山官房副長官は渡部篤郎さんが演じている。

最終話の撮影を終えたばかりの高橋メアリージュンさんに『アバランチ』撮影現場や綾野剛さんとのエピソードについて語っていただいた前編に続き、後編では、ほかのキャストやメアリージュンさんにとっての『アバランチ』について語っていただく。

高橋メアリージュンさん演じるリナは元自衛官のクールながら熱い思いを持った役。リナの過去がわかる『アバランチ』第3話より (c)カンテレ/フジテレビ
 

アバランチメンバーは最高です

今回『アバランチ』で共演した人たちのなかで、過去にご一緒したことがあったのは綾野剛さんと田中要次さんと千葉雄大さん。

山守を演じた木村佳乃さんは“天真爛漫”という言葉がピッタリの人です。「おはようございます!」と前室に入って来た瞬間、場がパーッと明るくなります。モヤモヤしたものをパーンと吹き飛ばしてくれる方ですね。いつも元気で、まさに太陽のよう。普段の明るさを知っているがゆえに、本番では低い声でクールな女性に変身する姿に驚かされます。

ウチさんこと打本を演じた要次さんは、穏やかでものすごい映画好きの方。オタク気質なところもウチさんぽいです。映画館に詳しくて、「音を大切にしたいならこの映画館、大きいスクリーンで観るならこの映画館」等、あれこれ教えていただきました。キャリアの長さを感じさせない腰の低さも素敵で尊敬する俳優さんです。メンバーのなかでは、ウチさんと一番喋っていたと思います。

千葉さんとは、シーンでのからみが増えるのに比例して話すようになっていきました。アバランチが危険な状況に陥って一緒に逃亡したあたりから、冗談を言い合ったりできるようになりましたね。千葉さんは謎めいていて、いつもフラットな佇まいでいらっしゃるのが魅力的です。すごく頭がいい方で、役柄の牧原と同じく皆に可愛がられ、「千葉さんに回せば面白いことが返ってくる!」と信頼されています。

西城を演じた福士蒼汰さんの素顔も役柄と近いですね。愛嬌があるところ、ピュアで真っ直ぐなところがあって、「この人にしかできないな」と思わせるものがある気がします。皆さんすごく役にハマっている方ばかりですね。

内閣官房の大山副長官とは敵対する仲でしたが、渡部篤郎さんご自身は大山とは全然違う、とても気さくな方でした。私がウエイトレスに扮して対峙するシーンで初めてお話しさせていただいたのですが、「アクションどれくらいやってるの? 映画『ワンダーウーマン』のガル・ガドットみたいでいいよね」と褒めてくださって。すごく嬉しかったです。渡部さんは存在感もお芝居も素晴らしくて、毎回エンディングの渡部さんの表情の演技の破壊力に震えながら、さすがだなぁ……と観ていました。

(c)カンテレ/フジテレビ