2021.12.24
# 音楽

第一印象は「おっかない二人」がいるバンド…「BOØWY」ドラマー高橋まことがクリスマスイブに想うこと

1980年代に人気を博したロックバンドのBOØWYが、結成から40周年を迎えた。氷室京介、布袋寅泰、松井常松、高橋まことの4人で結成されたバンドは、わずか7年という活動期間でさまざまな金字塔を打ち立て、「伝説のバンド」とも言われている。

渋谷公会堂(※当時)での解散発表から34回目のクリスマスイブを迎える今、ドラマーの高橋まことが、当時の記憶や現在の想いを語った。

第一印象は「おっかない二人」がいる下手なバンド

――1981年5月に新宿ロフトで行われたデビューライブから40周年を迎えました。まだメンバーではなかった高橋さんは、このライブを観客席からご覧になられていたようですね。

知人が「とにかく来い」と言うので、何があるのかもよくわからないままロフトに向かいました。まだ6人だったBOØWY(当時暴威)のパフォーマンスを見ていると、「こいつらドラムが抜けるらしいんだけど、後任で入ったらどう? 紹介してやるよ」みたいな流れになって…。友人の「お節介」が加入のきっかけだったんだよね。

――メンバーの第一印象を教えて下さい。

ライブが終わったあとに楽屋に出向いて、氷室京介と布袋寅泰に会ったんだけど、最初は「とにかくおっかないな」という印象だった。布袋は身長も大きかったし。「何かあったらドラム叩くんで連絡ください」と電話番号を交換して、この日はLOFTを後にしました。

 

――その後、どのような流れで加入することになったのでしょうか?

ちょうど一ヶ月くらい経った頃、「スタジオに遊びにきませんか」とヒムロックから電話が来たので、スタジオに出向くと、「これが俺たちの曲なんだけど、合わせて叩いてもらえませんか?」と、『IMAGE DOWN』のカセットテープを渡されて…。正直、「めちゃめちゃ下手だな」と思ったんだけど(苦笑)。

練習を終えた後は、みんなで喫茶店に行って、「来月もライブがあるから、ドラムとして入ってほしい。間に合わせるために、軽井沢でやる合宿に来てほしい」と言われて、とんとん拍子に決まっていった。

関連記事