2021.12.26

東京でいま「巨大インコ」と「カラス」のヤバすぎる「縄張り争い」が勃発している…!

週刊現代 プロフィール

だが、狡猾かつ獰猛なカラスがこのまま黙って引き下がるわけはない。

まもなく東京の上空で、血で血を洗う淘汰の争いが巻き起こることは確実だ。

都市鳥界の頂点を決める最終戦争が起これば、スズメなどの小さな鳥はそれに巻き込まれ、ほとんど絶滅状態に追い込まれてしまうだろう。

いま東京で大繁殖しているインコは、セキセイインコのような可愛らしいものではない。ワカケホンセイインコといい、平均で体長40cmにもなる大型の外来種だ。派手なライムグリーンの羽根に、眼光鋭い瞳、赤く太い嘴を持っており、見た目はインコよりもオウムのよう。スズメやムクドリよりはるかに大型で、成人でも近寄るのを躊躇する大きさである。

城南地区と呼ばれる世田谷区、大田区、目黒区を中心に、ここ数年でワカケホンセイインコ(以下インコ)の群れの目撃情報は数多く報告されている。他にも練馬区、文京区など各地へ縄張りを広げている。

現在は、インコとカラスの淘汰の争いの予兆ともいえる現象が起きている。ねぐらの争奪戦が始まっているのだ。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

京都大学野生動物研究センターの幸島司郎特任教授が語る。

「日本で繁殖したインコは、大きな木がありながら、近くに人間がいたり街灯があったりする、安全が確保された場所を好みます。そのため、都会の中にある緑豊かな空間に集まってくるのです」

SPONSORED