2022.01.02
# ライフ

38歳女性が青ざめた…子ども同士のトラブルで、相手のママ友から来た衝撃のLINE

池守 りぜね プロフィール

「坂口さんは、竹田さんに『クリーニング代は言い過ぎではないか?』と言ってくれたようですが、逆効果だったようです。坂口さんは『竹田さんはサバサバした性格だから、気にしないで大丈夫』ってメッセ―ジをくれたのですが、今後小学校に入ってからの付き合いもあるので、竹田さんに連絡して、クリーニング代として少し渡しました。

彼女は上機嫌でしたが、こちらはものすごく気まずかったです…。もうLINEでは個人名を書いたり、トラブルを他人に相談しないようにしようと思いました」

同じ学校に子どもが通うとなると、「LINEの連絡先を消してしまえば、ママ友付き合いもおしまい」という訳にはいかない。竹田さんに会いたくない紗栄子さんは、公園や幼児教室といった子どもを連れて行く先はもちろん、近所の銭湯やスーパーにも行きづらくなったという。

 

「天気が良いと息子は公園に遊びに行きたがるのですが、1人で竹田さんと会うと気まずいので、必ず坂口さんをLINEで誘ってから出かけるようになりました。この前も、公園で偶然、彼女と会ったのですが、坂口さんが挨拶をしてくれたおかげで、なんとかやり過ごせましたね」

手軽に連絡先を交換できるLINE。しかし、ママ友同士の付き合いでは、元々のバックグラウンドの違いや価値観の相違もあり誤解が生まれやすい。プライベートなチャットで話した内容であっても、第三者に伝わる可能性も十分に考えられる。嫌な思いをせずに付き合っていくためには、その場にいない人の話題、特にネガティブな話は、極力避けた方が良いと言えそうだ。

SPONSORED