2022.01.09

冬の北海道に現れた「幻の白い海」…約半世紀ぶりによみがえった絶景の「ウラ側」に迫る!

近年、北海道で不思議な光景が目撃されている。冬、数キロに渡って見られるのは、まるで雲が海に落ちたように真っ白い幻想的なみなも。そして春になると大海原に突如現れる巨大な渦。さらに初夏には海底を埋め尽くす無数の貝……季節の移ろいとともに目を疑うような絶景が北の海に広がっているのだ。実はこうした光景、かつては北の海の豊かさの証として多く見られていたものだという。なぜ今、“幻の絶景”たちが再び現れ始めたのだろうか――

幻の絶景を貴重な映像とともに伝える「NHKスペシャル 北の海 よみがえる絶景」が、1月9日(日曜日・午後9:15〜)に放送される。番組では、北海道の海で謎めいた絶景を追うだけでなく、徹底取材でその背景にも迫る。今回は、放送を前にその内容を一部ご紹介したい。

小樽市の海岸で見られる「幻の白い海」

雪が吹き荒れる2月。「白い海」が見られるという情報を受けて、取材班は石狩湾へと向かった。この現象は、北海道のアイヌが残した言い伝えにもあり、古くから見られてきたものだ。

雪吹き荒れる冬の銭函海岸 /NHK提供
 

地元では「群来(くき)」と呼ばれ、「大漁のお告げ」とも言われてきた。その海の色は、目撃した漁師が、「沖まで真っ白で一切下が見えない」、「牛乳を混ぜたような色」、「温泉のような乳白色」と口々に証言するほどの白さだという。その様子を詳細に捉えようと、取材班は目撃情報が多かった小樽市の銭函(ぜにばこ)海岸に向かった。

関連記事