2022.01.19
# エンタメ

東大クイズ王・伊沢拓司が語る、「自分でクイズを考える」ことで得られたものとは?

日常には疑問がいっぱい

YouTube・テレビ・ラジオと各メディアに引っ張りだこ、破竹の勢いでお茶の間の新しい“顔”となっている伊沢拓司氏。その知的かつ明るい人柄は老若男女を問わず魅了し、伊沢氏に憧れて東大を志す受験生も多い。

今回伊沢氏率いるQuizKnockから、小中高生とその親を対象に『QuizKnock式!! 大人もビックリ★新常識クイズBOOK』が発売された。

「楽しいから始まる学び」をモットーとし、「クイズ」という遊びを通して学ぶ楽しさを世間に伝えたいと言う伊沢氏。前編に続き、後編では今後、「クイズ」を通してどんなことを実現しようとしているのか、話を聞いた。

(前編:東大クイズ王・伊沢拓司に「クイズで賢くなるのか」を聞いたら、返ってきた「明快な答え」)

伊沢拓司氏/撮影 矢野雅之
【プロフィール】
伊沢拓司(いざわ・たくし)
1994年生まれ。クイズプレーヤー、(株)QuizKnock CEO。東京大学経済学部卒。
高校時代に「全国高等学校クイズ選手権」で史上初の個人2連覇を達成。2016年、東京大学在学中にwebメディア「QuizKnock」を立ち上げ編集長を務める。数々のテレビ番組に出演するほか、登録者170万人(※2021年12月時点)を超える同YouTubeチャンネルの企画・出演も行う。
 

新しいことを知るのには壁があるけど…

――伊沢さんがCEOを務める「QuizKnock」という会社を通してやろうとしていることは何ですか?

伊沢拓司氏(以下、敬称略):あくまで我々は「クイズ」を伝える組織ではなくて、「楽しいから始まる学び」を伝える組織です。ただただ楽しいエンタメコンテンツに、少しだけ学べる要素が入っている。そうしてなんとなく頭に知識が残る。それを知っていることでより楽しい世界が開けたり、もしくは知った事自体が楽しかったり…という経験を積み重ねるうち、段々と知ることへの抵抗がなくなって、新しいことを学ぶことが習慣づけされる。そんなコンテンツを我々は目指しています。
新しいことを知ることってどうしてもおっくうで、壁があるけれど、それを超えたらいいことがあるよ、というのを習慣づけられればな、というのが我々の目指すところです。

――今後行っていきたいことはありますか?

伊沢:今年は「より生活に溶け込むような、身近な形で」として、若者の中でスタンダードなエンタメになっているゲーム実況をする「GameKnack」チャンネルに挑戦したり、毎週ライブ放送で視聴者と一緒に目標を決めつつ勉強する「QuizKnockと学ぼう」チャンネルを立ち上げたりと、積極的に動いています。習慣化がテーマですから、より視聴者の生活を見つめ、より自然な形で学びに親しめるようなコンテンツ作りをしていきたいですね。

関連記事