2022.01.16
# 週刊現代

「忠臣蔵」「桜田門外の変」…あの一族の子孫がいまに伝える、驚きの裏歴史

週刊現代 プロフィール

井伊:史実はそのとおりになっていますね。

梶原:そうです。つまり鎌倉幕府の実権を握ることになる北条氏によって陥れられたのですよ。

 

'22年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公は、その北条氏の中心人物・北条義時。景時役は中村獅童さんで、脚本家の三谷幸喜さんが景時をどう描くのか、とても楽しみにしています。

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』公式webサイトよりNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』公式webサイトより
 

井伊:大河ドラマの第一作は、我が家の先祖、井伊直弼が主人公の『花の生涯』でした。原作は舟橋聖一さんの小説で、この作品によって直弼は従来の敵役のイメージが大きく変わったと言われています。

梶原:ドラマ『花の生涯』はまだモノクロ放送で、歌舞伎俳優の尾上松緑が直弼を演じていましたね。学生時代でしたが、よく覚えています。

上杉:「桜田門外の変」は3月3日ですし、私たちのご先祖は皆、寒い季節に討たれているのですね。

じつは江戸時代、上杉家上屋敷と井伊家上屋敷はすぐ隣と言っていい場所にありました。上杉家は桜田門の正面、現在の法務省のところです。

井伊:井伊家の上屋敷は現在の憲政記念館の位置にありました。

関連記事