2022.01.24
# ライフ

「相場を無視した売値」で契約寸前…87歳認知症の女性が巻き込まれた「不動産売買」トラブル

福田 亮 プロフィール

「成年後見制度」で大切な財産を守る

認知症や知的障害、精神疾患を持つ方は、ものごとを合理的に判断する能力が低くなっていることが多いです。例えば、この不動産は本当はいくらの価値があるのに、こんな値段で売ったら損をしてしまう……といった計算ができなくなっていることもあります。

Photo by iStock

そのような人が悪徳業者から「すごく得ですよ」などと言われて損をするような契約をしてしまったり、親戚にうまく丸め込まれて自宅を売ったために自分の住むところがなくなったりしてしまっては、本人にとって大きな損失です。

法律によってこのようなトラブルから本人を守るため、「成年後見」という制度があります。

成年後見が認められると、行為能力が一部制限されます。行為能力とは、自分だけの意思で契約などの法律的な行為をすることができる能力です。

 

つまり、行為能力が制限されると本人単独の意思でできることが限られるということになります。その代わり、必要に応じて後見人が本人のために法律行為を行ったり、本人による法律行為を助けたりします。

佐々木さんは医療機関から認知症であるという診断をもらっているため、後見人を立て、後見制度の中で裁判所の許可を得てから売却しなければ、のちのちトラブルになるのは目に見えています。

SPONSORED