2022.01.23
# ドラマ

大ヒット『鎌倉殿の13人』、「鎌倉時代の全体像」をつかむための「最高の方法」があった…!

堀井 憲一郎 プロフィール

「鎌倉幕府が成立した時期は、何を大事にするかによって違ってくる」ということがあらためて確認されるばかりである。

1185年説にはかつて大きな根拠があるとおもわれていたようだが「以前は魅力的だったが今はとても古びてしまった説」だとおもったほうがいいだろう。

鎌倉幕府1192年で覚えた人は、その記憶を変えなくていいということでもある(少なくとも1185に変えることはやめたほうがいい)。

 

太平洋戦争とのアナロジー

当書は、いろんな学説を引き合いに出して展開していくが、べつだん堅苦しい学術書というわけではない。

読みやすい。

けっこう気に入った「表現」があったので、二つだけ紹介したい。

ひとつは源頼朝の挙兵が「伊豆の目代屋敷の襲撃」だったことについて。

「頼朝が挙兵の準備をしている」というのはもともと政府側(平家側)には筒抜けであったらしい。蜂起を予想して準備していたはずなのだが、でも目代(山木兼隆)の屋敷はかなり無防備で、たやすくやられてしまう。

このことについて、以下のように説明してあった。(本書50p)

「(平家方のリーダーである大庭)景親も頼朝が挙兵することは予測していたが、攻撃目標がつかめなかった。日本が対米開戦することは分かっていたが、フィリピンなど東南アジア方面を攻撃すると想っており、真珠湾攻撃を許したアメリカのようなものである」

きわめてわかりやすい。昭和16年のアメリカの気分も知れて、おもしろい。

もうひとつ。

関連記事