日本で必ず起こる「阿蘇山噴火」…トンガの「100倍越え」の大災害がやってくる

壊滅的な大打撃

かつて日本では、富士山噴火を上回る大噴火が頻発していた。いつか起きる大災害について、まずは現実と向き合うことが大事だ。想像力を失ったとき、人間も社会も滅亡することは歴史が証明している。

9万年前の「日本埋没」

日本列島で、もっとも大きな噴火を起こした火山をご存じだろうか。

'91年に「平成大噴火」を起こした雲仙普賢岳でも、1707年に噴火して江戸に壊滅的な被害を与えた富士山でもない。熊本の阿蘇山だ。

「約9万年前に起きた阿蘇山大噴火は、富士山噴火の1000倍以上のエネルギーだったとされています。数百度の火砕流が海を越え、マグマが瀬戸内海を埋め尽くし、大量の火山灰で日本は『埋没』しました」(マグマ学研究者で神戸大学名誉教授の巽好幸氏)

1月15日、南太平洋の島国・トンガ付近の海底火山で発生した噴火は、世界中に火山の恐ろしさを痛感させた。

Photo by gettyimagesPhoto by gettyimages
 

海底火山の海域には285ha(東京ドーム61個分)の陸地があったが、ほぼ消滅してしまった。首都ヌクアロファは火山灰で覆われたことで水が汚染されてしまい、飲料水の確保が喫緊の課題となっている。

だが、降灰で空港も使えない上、海底ケーブルが損傷して通信が依然途絶えており、国際社会による救援活動は進んでいない(1月20日時点)。

直径約480kmにも広がった噴煙を出した大規模噴火は、世界中に影響を及ぼした。トンガから1万km以上離れた南米ペルーやチリにも津波が襲来して死傷者を出している。日本でも奄美群島で1・2mの津波が観測され、鹿児島では衝撃波で生け簀にいた5万匹ものブリの稚魚が死んだ。

関連記事