2022.02.13

石川さゆり、八代亜紀…今も歌い継がれる、昭和の演歌「名曲ベスト40」をすべて明かす…!

演歌というジャンルが誕生してからおよそ60年。前編記事の『北島三郎、八代亜紀…1960年代の記憶を今に伝える「昭和の演歌」のベスト1を決めよう』に引き続き、今も歌いつがれる名曲を紹介する。

『北の旅人』は歌謡曲?

今回の取材で、意見が分かれた曲がある。石原裕次郎の『北の旅人』('87年、8位)だ。この曲がはたして演歌と言えるのか否か—。

前出の塩澤氏は、この歌を「歌謡曲」だと語る。

「演歌と歌謡曲に明確な境目はありません。それでも演歌は『こぶし』を効かせて歌に揺れを作り出す特徴がある。その『臭み』が演歌の肝になっている。裕次郎の『北の旅人』はこぶしを効かせず朗々と歌い上げています。その意味では歌謡曲に分類されるでしょう」

石原裕次郎『北の旅人』レコードジャケットより
 

一方で、演歌というのはもっと幅広いものだという主張も聞かれた。人類学者の船曳建夫氏が語る。

「多くの人がこぶしを効かせるのが演歌だと考えていますが、そんなことはありません。演歌というのは、歌い手の姿勢です。聞き手に哀しい心情や思うに任せない人間模様を語り掛ける。歌の主人公になりきり演技をする。別れた恋人を思い、悲嘆に暮れる『俺』になりきる『北の旅人』は、立派な演歌です」

演歌は艶歌とも言われるだけに、歌手の艶やかさも名曲の要素になる。「トラック野郎の女神」と言われた八代亜紀の『舟唄』('79年)は17位にランクインした。

八代亜紀『舟歌』のジャケット

タレントの浜村淳氏が語る。

SPONSORED