大学入試よりある意味難解、 小学校の『超』算数

2年生でかけ算を習うと出てくるのが、「かけ算の順序問題」だ。これはたびたびSNSでも話題になる。

下記は、以前Twitterでバズった問題だ。
みなさんはどんな回答をするだろうか?

「長いすが7つあります。1つに6人ずつすわると、みんなで何人すわれますか?」(式・答 各5点)

ツイートに貼り付けらていた答案用紙の画像の回答は、
しき 7×6=42
答え 42人
で、しきは×で、答えのみ〇で5点となっていた

これは、「何人座れるか」を聞いているので、「7(いすの数)×6(人ずつ)」という式は間違いで、「6(人ずつ)×7(いすの数)」が正解らしいのだが、この「かけ算の順番違い」で減点をもらい、親子で首をひねるケースが頻発。

 

「私は『かけ算の順番は入れ替えてもOKなはずなのになぜ不正解?』と思うし、子どもは子どもで『答えは合ってるのになんでバツ?』と。テスト後の保護者会で、担任の先生に質問したお母さんがいて、先生は『子どもが問題で何を聞かれているのか理解しているかどうかを式で見るので』という説明でした。

でも同じテストで、単なる計算式のかけ算なら順番を入れ替えても同じ数になる、という問題もあって、正直『子どもは混乱するだろうなー』と思いました」(Fさん)

こうした小学校ならではの算数の謎ルールはネットで「超算数」と呼ばれ、たびたび物議をかもしている。学校の先生の中でも賛否が分かれるらしく「問題をきちんと捉え、筋道立てて考えるためには必要」「文科省の指導要綱にあるから授業で教えてはいるが、テストで式を減点にするのは抵抗がある」など様々な声が聞かれる。

賛否は分かれるが、数学には謎ルールが多い。photo/iStock