2022.02.07

もう食べずにはいられない…!? 栄養満点で地球に優しい「昆虫食」の“底力”

昆虫食、その驚きのポテンシャル
サイエンスZERO プロフィール

一方の昆虫は、アンモニアを「尿酸」に変換します。尿酸は、水に解けにくく、半固形状、あるいは固形状の状態で、糞と一緒に排出されます。つまり、アンモニアを体外に排出するために、水を大量に利用することはないのです。

さらに、鈴木さんは、感染症の観点からも家畜とは違う昆虫食のメリットにも注目しています。

「昆虫は、哺乳類と系統的に非常に離れたところに位置しているので、既存の家畜や人に共通する人獣共通感染症のリスクが低いのではないかと考えられています」(鈴木さん)

昆虫食は“環境に優しいたんぱく源”として国内外で注目され、現在、日本では内閣府が主導する大型研究プログラムである「ムーンショット型研究開発制度」のテーマの1つとして、多くの研究者が参入して研究が始まっています。

ここまで昆虫食のメリットを見てきましたが、まだまだ抵抗感のある人もいるかもしれません。そんな初心者にはどのような「昆虫食」レシピがおススメなのでしょうか。そして世界で人々を救い始めている昆虫食の実力、さらには研究の最前線について後編<もう食べずにはいられない…!? 「昆虫食」が世界で“大ブーム”なワケ>でご紹介します。

【番組概要】
「サイエンスZERO」
(NHK Eテレ日曜夜11:30~ 再放送は土曜午前11:00~)
私たちの未来を変えるかもしれない最先端の科学と技術を紹介するとともに、世の中の気になる出来事に科学と技術の視点で切り込む番組。
(https://nhk.jp/zero)
 

関連記事