2020年、2021年はコロナ禍で海外との行き来がほぼできなくなった。オミクロン株が流行している2022年もそれは継続している。そんなコロナ禍、台湾法人で社長業をつとめていた新垣りえさんにも、人生の大きな転機が一気にやってきた。
その人生の転機とは、1)台湾からスイスへの赴任 2)卵子提供での二度目の妊娠だった。
新垣さんは、37歳から3年もの不妊治療を経て、台湾で卵子提供により第一子を出産している。つまり今回は子連れでの新たな国への赴任と出産とが重なったのだ。ではスイスで子連れの妊婦として、コロナ禍をいったいどのように乗り切ったのか。短期集中連載にてお伝えいただく第3回は、里帰り出産のために元気な1歳半の息子と成田空港に到着した直後から自宅待機したときの話をお伝えする。妊娠後期でいつ出産になってしまうかわからない中、自宅待機をし、さらにコロナの濃厚接触者となってしまったら……。

登場人物:

新垣りえさん/43歳。台湾法人の社長業をつとめていたが、新たな会社のスイス法人への赴任が決まる。

夫/38歳。ウェブデザイナー&アートディレクター。自称「ゆるふわ自営業」とのこと

息子くん/2019年11月生まれ

ナニーさん/台湾ではナニーさんがいるのが当然の環境だった。台湾でお世話になっていたフィリピン人のダビさんにつづき、スイスではドイツ人のネットさんにお願いすることに。
新垣りえさんこれまでの記事こちら

マンガ/すぎうらゆう

-AD-

東京五輪直前の帰国

2021年7月24日の深夜に、スイスチューリッヒから成田行きの航空便に1歳半の息子と乗りました。コロナ禍で乗客はほぼいないだろうという予想は大幅に裏切られ、機内はかなり混んでいました。ちょうど、東京オリンピックに向かうスイスの選手団と一緒になったため、揃いのユニフォームを着た選手やコーチやサポートスタッフに囲まれての移動という大変貴重な体験になりました。

息子は、斜め前に座っていた見目麗しいスイス人女性アスリートに興味津々で、すきあらば近づいて構ってもらおうと、私の制止をものともせず、何度も果敢にアプローチを試みていました。この後12時間の飛行中、どうやって息子を席で大人しくさせておけばいいのかと気をもみましたが、離陸後1時間半程度で電池切れになって、割とあっさりと眠りについてくれました。そんな息子の寝顔を眺めつつ、妊娠31週の自分の大きなお腹をさすりながら、「スイス出発前のドタバタは何とか切り抜けたし、もう後は成田に迎えにきてくれている夫と合流さえできれば、この大変だった里帰りミッションも終わりだ」と、ホッと一息ついていました。この時はまだ、長距離移動という一つのヤマを越えただけで、日本でさらに越えなければいけないヤマがいくつもあることに想像がおよんでいなかったのです。

illustrarion/すぎうらゆう

成田空港到着後、PCR検査を受けて結果が出てからでないと空港を出ることができません。このあたりは当然理解していたのですが、大きなお腹を抱え、1歳半の息子と荷物を抱えながら全行程を経験してみると、想像をこえる大変さでした。飛行機が成田に着陸してから、実際に空港を出て夫と合流できるまでに3時間近くかかったのです。
着陸してから空港を出るまでの行程をおおよその時間と共にお伝えすると以下の通りです。

1.    PCR検査の順番待ち/スタッフが書類の不備がないかを確認(30分)

2.    PCR検査の受付(5分)

3.    PCR検査実施(10分)

4.    スマホの位置情報設定が正しく行われているかどうかを確認(5分)

5.    スマホに指定のアプリが正しくインストールされているかどうかを確認/自宅待機中の報告義務やアプリの使い方の説明を受ける(20分)

6.    PCR検査結果待ちのための受付/自宅待機場所や連絡先がシステムに正しく登録されているかなどの確認(5分)

7.    PCR検査結果待ち(70分)

8.    PCR検査結果受け取りおよび書類提出(3分)

9.    バスでターミナル移動→入国審査→預入荷物の受取り→税関審査を通って夫と合流