2022.02.10
# 不動産

現地を見学せずマンションを購入、その後に待ち受ける「恐ろしい悲劇」

モデルルームに潜む「落とし穴」
山下 和之 プロフィール

翌日は早めに起きて、マンションが建つ現場にも足を運び、駅までの所要時間を確認してみることも大切。雨の日などはぬかるみができないかなども気になるので、天気の違う日にチェックしておくことも重要だろう。

その上で電車に乗って通勤してみる。所要時間だけではなく、混み具合なども体感できて、安心感が高まるはずだ。

家族全員で見て回ると安心

できれば、家族全員で現地に足を運んで、生活のさまざまな場面を想定してチェックしてみることをおすすめする。

広告や映像などで近くにスーパーがあることは分かっていても、実際の店舗を見てみないと品揃えや値段などは分からない。たしかにスーパーはあるが、ふだん自分たちが使っている商品が揃っていなくて、遠くのスーパーまで自転車で買い出し――なんてこともないとは言えない。

Photo by iStock
 

あるいは、高級スーパーしかなくて、生活コストが上がってしまった、逆に安いものしかなくて、自分たちには合わないといったこともあるだろう。

子どもたちといっしょに校区になっている小学校、中学校、日常的に使えそうな公園などを見て回れば、家族全員が安心できる。

シアターの映像で、子どもたちが公園で楽しそうに遊んでいる風景が流れていたとしても、平日には、ほとんど人がいなかったり、逆に、サッカーなどのボール遊びをする大きな子どもたちがいて、小さな子どもたちが遊ぶには、少し危険を感じる場面があったりする。

SPONSORED