手軽にできる甩手(すわいしょう)で
呼吸を深め、力みもとる

太極拳の準備運動・甩手。

この感覚を手軽に体感できるのが、太極拳の準備運動「甩手」。両腕を体に巻きつけるように投げ出す動きで、小島さんも以前に玲奈さんのレッスンで習ってから、日常に甩手を取り入れているという。

-AD-

「朝の時間や仕事の合間にやっています。これだけでふっと体の力が抜けるんです」

俳優という仕事柄、発声練習などで呼吸を意識することが多い小島さん。体調管理にも活用していて「お腹が痛い時はお腹に“呼吸を当てる”こともありますよ」とも。体の内側に呼吸を当てるとは? すると玲奈さんが「深い呼吸で筋肉が緩み、内臓がリラックスするんでしょうね」とにこり。

太極拳の後は体が軽やか。動きに集中するので頭もすっきりとクリアに。呼吸が深まると、忙しなかった心もどっしりと安定する。

「太極拳も、息を吐いたり吸ったりすることで体を内側からマッサージするようなものです。人は日々無意識に呼吸をしていますが、呼吸とはまさに生きている証。呼吸の質を高めることは、生きることの質を高めることでもあるんです。その練習を無理なくできるのが太極拳なんだと思います」