2022.02.21
# ロシア

プーチンの「本音」を知ればわかる、ウクライナ「楽観論」が危ない「3つの理由」

日本人は知らない「ロシアの深層」
立澤 賢一 プロフィール

北朝鮮のミサイルで「さえ」、日本にとって非常に大きな脅威になっています。

より距離の近いウクライナに、モスクワを狙うミサイルが配備されることへの、ロシアの「拒否反応」は、西側が想像する以上に大きいと言えます。つまり、ロシアにとって、ウクライナがNATOへ寝返ることは、軍事衝突も覚悟しなければならないような「死活問題」なのです。

果たして西側諸国は、このロシア側の立場の真の意味を、本当にわかっているでしょうか。ただ単に「プーチンがプロレスをしかけている」と考えていると、きっとロシアの「真意」を見誤ってしまうことでしょう。

プーチンの「真意」とは photo/gettyimages
 

Xデーを迎えても、西側には軍事的対抗手段がない……

3つ目の理由は、もしウクライナを攻撃するなら、いまが絶好のチャンスだ、ということです。

戦争をするには、それなりの「理由」が必要です。

アメリカやロシア、中国といった大国でも、国際ルールを破って、一方的に戦争を仕掛ければ、ただの侵略国とみなされます。そうなってしまえば、世界中を敵に回したも同然です。

SPONSORED