2022.02.27

6000万住宅ローンの30代夫婦、「固定or変動金利」問題に“お金のプロ”が示した4つのシナリオ

秋山 芳生 プロフィール

では変動を選べば良いかというと、未来の金利の増減はわからないので、最終的な正解は時間がたってみないとわかりません。しかしどれくらい金利が上がったら固定金利よりも総支払額が多くなるかをシミュレーションして備えることはできます。

photo by iStock
 

以下の試算は、借入金額6000万円で返済期間は35年とし、条件を整えるため一般的な元利均等返済を採用しています。

(1)固定金利で1.35%で借りていた場合
総支払い額:約7532万円
利息返済:約1532万円
月々の返済:約18万円

(2)変動金利で0.5%が続いた場合
総支払い額:約6540万円
利息返済:約540万円
月々の返済:約15.6万円

(3)仮に変動金利で金利が5年毎に0.25%ずつ上昇、20年後に1.5%の場合
総支払い額:約7096万円
利息返済:約1096万円
月々の返済:5年目まで約15.6万円 
5年後から約16.2万円
10年後から約16.7万円
15年後から約17.2万円
20年後から約17.5万円

この場合だと20年後には1.5%の金利になるので、固定金利1.35%よりも高くなってしまいますが、総支払額は400万円以上変動金利の方がお得になります。これは、時間経過とともに返済が進み、借入の元本が小さくなっていくからです。金利が大きくなったときには、元本が小さくなっているために利息自体が少なくなっています。

関連記事