キャンプギアも驚きの充実ぶり!

もちろんソロキャンプアイテムだけではない。「ワークマンは声のするほうに進化する」をモットーとしているように、他にもバリエーション豊富なキャンプギアが登場している。新作発表会の会場には、「ファミリー」コーナーや「ツーリング」コーナーなどが設けられ、細やかなニーズ別に商品を紹介。

バーベキューや焚火の火の粉に強い「防融加工」テントや、虫が近寄らない「防虫加工」テント、ワークマンで人気の超防寒ジャンパーの機能を応用したシュラフ、さらには缶ホルダーやタンブラー、焚火テーブル、燃え広がりにくいグローブなど、計140アイテムがズラリ。そのどれもが低価格なので(最も高価格の4人用ファミリーテント・ワイドミシックドームテントAGでも17800円!)、「あれも欲しい、これも欲しい」と目移りしてしまう。

500ml専用真空保冷ペットボトルホルダーがずらり(WEB注文・店頭受け取りのみ)。¥980/ワークマン
さまざまなグッズが勢揃い! すべてワークマン(WEB注文・店頭受け取りのみ)で購入可能。
-AD-

また、キャンプをさらに楽しめる高機能カジュアルウェアも、春夏の新作が多数登場。変わらず豊富なラインナップを誇っており、低価格でファッションとキャンプを両方楽しめる、というのもワークマンならではの魅力だ。

ワークマンならではの可愛いサロペットも注目!¥2900/ワークマン

この春新登場のガーデニングサロペット(¥2900)。高撥水なうえ、ポケットは取り外して移動させることができる! ※スカートタイプもあり。

ただしキャンプギアはWEB注文・店頭受け取り、という販売方法のみになるので注意が必要だ。細やかなニーズにこたえて新商品を次々開発してきたワークマンは、すでに売り場スペースが限界に達している。そのためテントやシュラフといった大物商品を展示するスペースがなく、WEBのみで販売。ただし店舗売上向上のため、受け取りは配送ではなく店舗で、となっているのだ。

車を持っていない人にはややネックとなるが、それでもワークマン広報部チーフの鈴木悠耶さんによると「2月22日からWEB注文がスタートしたのですが、おかげさまで当日から注文が殺到。会社のほうに『ネットがつながらない!』という声が殺到しています」とのことだ。

季節は間もなく春。アウトドアには最適な気候となる。キャンプを始めてみたいと思っている方は、是非、早めに入手することをオススメする。

ワークマンのサイトはこちらからチェック