2022.03.07
# 節約

「お金が貯まらない人」が抱いている、残念すぎる「4つの固定観念」

5年で1000万円貯められますか?

老後2000万円問題が噴出し、コロナショックで収入減や住宅ローンの返済に苦しむ人が急増したことで、みなさんのお金に対する危機意識がかつてないほど高まっているようです。

大多数の人の悩みは、つまるところ「お金をたくさん貯めたい!」「この先の人生、お金で苦しみたくない!」という点に帰着しますが、本記事では、私が運営する「富女子会」というコミュニティでの事例から、「だれでも5年間で1000万円が貯まる方法」と、お金が貯まらない人の残念な共通点をお伝えしましょう。

Photo by iStock
 

5年で1000万円貯めるための「計画表」

そもそも「富女子会」とは、20代〜30代の女性を対象とした、資産形成の学びを得るためのコミュニティです。

勉強会やセミナーも開催しますが、参加者の最大の目的は、5年という期間で1000万円を貯めること。参加者の属性はさまざまで、正社員もいればフリーランスのかたもいますし、もともとの貯金がゼロ円というかたもたくさんいます。

それでも、富女子会をこれまでリタイアした人は、割合として5パーセント未満。それ以外の女性はみな5年で1000万円、あるいはそれに近い金額の貯金を実現しています。

実際、5年で1000万円貯金というのはべつに難しいことはなく、その方法は非常にシンプルです。このキモとなるのが「計画表」。つまり、「5年で1000万円貯めるために、毎月いくらずつ貯金すべきか」を表した貯金のスケジュール表をつくり、それを遂行していくだけなのです。

ここだけ聞くと、「なんだそんなことか」「要は積み立てすればいいのか」とガッカリされるかもしれませんね。しかしそう思った人は、ここでちょっと考えてみてください。

SPONSORED