ウクライナ侵攻、キエフ制圧の先に見据えるプーチンの「本当の狙い」

それでも「戦略的敗北」は避けられない
北野 幸伯 プロフィール

「地獄の制裁」で、ロシアの戦略的敗北は必至

そんな中、欧米はどう動いているのだろうか?

バイデン大統領が前々から警告していたように、非常に厳しい対ロシア制裁を打ち出している。

欧米は2月26日、ロシアを国際銀行間送金・決済システムSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除することを決めた。これによって、ロシアからの送金、ロシアへの送金が困難になり、貿易量が激減する。

野村総合研究所エグゼクティブ・エコノミスト木内登英氏は、NRI3月1日付で、「ロシアの貿易は3分の1まで縮小する」と試算している。そして、同氏は2018年にイランがSWIFTから排除された際、GDPが8%減少した事実に触れている。

ロシアも、同程度の縮小を覚悟する必要がある。さらにルーブルの大暴落が追い討ちをかけ、ひどいインフレがロシアを襲うことになるだろう。

Gettyimages
 

筆者は以前から、「プーチンは戦術的勝利をおさめるかもしれないが、戦略的敗北は確実」という話をしている。

プーチンは2014年3月、ほぼ無血でクリミア併合を成功させた。これは、ロシアにとって「戦術的大勝利」であり、彼の支持率は9割まで上がった。

しかし、ロシア経済はその後、欧米日の制裁を受け、まったく成長しなくなった。ロシアのGDPは2000年~08年、年平均7%の成長をつづけていたのだが、クリミアを併合した2014年から2020年は、年平均0.38%の成長にとどまっている。

これを筆者は、プーチンの「戦略的敗北」と呼ぶ。

だが、プーチンは今回、懲りずに同じことを繰り返している。ウクライナを降伏させることができたとしても、地獄の制裁は長くつづくことになる(クリミア併合後の制裁は、8年間ずっとつづいている)。

つまり、今回の侵攻においても、プーチンの戦略的敗北は、確定しているのだ。

関連記事