2022.03.08
# 節約

72歳の“ケチじょうず”が実践…ティッシュは買わない、ゴミは出さないエコ生活

節約のプロの「1日1000円生活術」2
小笠原 洋子 プロフィール

この場合の美的生活のポイントは、ビニール袋をきちんと入れる箱にあります。たとえばシリアルやオートミールなどが入っていた、見栄えのする輸入物の紙箱などを用いると、不思議にもゴミ袋までハイカラに見えるものです。箱がきれいなので、きちんと入れてみたくなるというわけです。

薄いビニール袋は、ひとまず輸入食品の箱に収納。取り出しやすいよう、きちんと収めます。

我が家ではシンクの下に開き戸があるので、その取っ手に薄いビニールを吊ってあります。これにゴミを捨てて、毎晩ベランダのゴミ入れに捨てます。ゴミはいつも少量で、ほぼ乾いています。

わが家のゴミ袋。シンク下の取っ手に、スーパーでもらう薄いビニール袋をぶら下げます。
 

この吊具も、ちょっと工夫を。汚れた洗濯ばさみなど使うと、「いかにもゴミ用!」といった感じに見えますが、おしゃれなクリップにして、開き戸に合わせた目立たない色を選ぶと、これまた不思議で、「ここにゴミを入れよう!」という気分になるのです。

SPONSORED