プーチンも発病か…? 放置するとヤバい「パーキンソン病」兆候の「危ないサイン」

60歳以上の100人に1人が罹患
週刊現代 プロフィール

「パーキンソン病にはカフェイン摂取が有効で、日常的にコーヒーを飲むと、罹患率が下がると言われています。それ以外には喫煙者や尿酸値が高い人はなりにくいという報告があります。ただし、これは他の病気の原因となりますから勧められません」(柏原氏)

「寝言」に要注意

また、真面目で几帳面、融通が利かない頑固な性格の人がパーキンソン病になりやすいという報告もある。身に覚えがある人は心に留めておいたほうがいいかもしれない。

現在はパーキンソン病の薬物治療が進歩しており、適切な対応をとれば、死に至る病ではなく、発症していない人と寿命は変わらないと言われる。

しかし、放置しておけば、加速度的に身体が動かなくなり、認知機能もどんどん落ちかねない。

【表】多岐にわたるパーキンソン病の症状
 

疑わしいと思ったら、かかりつけ医に相談し、脳神経内科などで専門医の診察を受けることだ。

「初期症状で一番多く、分かりやすいのが震えです。特に、無意識に起こる片手の震えが特徴ですから、注意してください。たとえば、ボーっとテレビを見ているときや、ソファで寝そべっているときです」(北川氏)

関連記事