2022.03.15
# ライフ

「家族のストレス」で心が“いっぱいいっぱい”になったら試したい「感情の整理法」

気持ちがすっと軽くなる
濱田 恭子 プロフィール

感情は、意識の中で大きな容量を占めている

人はどうして、「もういっぱい!」という状況になってしまうことがあるのでしょうか。

これには人間の意識が深く関係しています。

私たちが意識と呼んでいるものを、パソコンの仕組みにたとえて説明します。

 

パソコンを使っていて、一度にたくさんの情報をダウンロードしようとすると、動作が遅くなったり、フリーズしたりしますよね。これは誰もが体験したことがあると思います。

これと同様に、私たち人間もキャパオーバーになることがあるのです。

つまり、新しい情報が入らない状態というのは、パソコンでいうなら、空き容量がなくなってしまったようなもの。

パソコンならメモリやハードディスクを増設すれば解決できます。

でも、人間は、そうはいきませんよね。
 
パソコンの容量が足りなくなった場合はどうしますか?

簡単なのは、不要なデータを削除することですね。

この時、容量の大きな画像や動画ファイルから消していくと思います。

パソコンの容量が不足したら、不要な画像や動画を削除していけばいいのです。

では、人間の意識の中で容量が大きいのは、何だと思いますか? 

実は「感情」なんです。

感情は、潜在意識の中に占める容量が大きいとされます。

そのため、いったん何かの感情にとらわれてしまうと、フリーズを引き起こしやすくなってしまうのです。

SPONSORED