2022.03.14

「こんな馬鹿な戦争」…未来を見通しながらも、運命に翻弄された真珠湾攻撃隊員の悲劇

神立 尚紀 プロフィール

驚異的に早かった敵の反撃

このとき、空母「加賀」雷撃隊の一員(偵察員――3人乗りの真ん中の席。偵察、航法を担当)として九七式艦上攻撃機に搭乗、攻撃に参加した吉野治男さん(当時・一等飛行兵曹)は、

「突っ込むときの気分は、訓練のときと同じです。敵戦艦に向けてどんどん高度を下げていき、操縦員の『ヨーイ、テッ』という合図で魚雷を発射するんですが、私の目標にした左端の艦は、もうすでに魚雷を喰らって、いくらか傾いてるようでした。あとで知ったところでは、この戦艦は「オクラホマ」で、13発もの魚雷が命中し、転覆したそうです」

と振り返る。

「加賀」雷撃隊の吉野治男一飛曹(のち少尉)

800キロを超える重さのある魚雷を投下した瞬間、飛行機はグン、と浮き上がる。雷撃後の避退方向については機長の判断で決めることになっていたので、吉野さんはすかさず、操縦員に右旋回を命じた。が、

「これが得策ではなかった。戦艦群の真横を飛び抜ける形になりますから、向きを変えたとたん、横殴りの猛烈な集中射撃を受けた。赤い光の筋が、目の前を左から右へ、束になって行く手をさえぎりました。まるで花火のように機銃を撃ちまくられて、自分の魚雷がどうなったのかも確かめる余裕はありません。

敵弾を避けるため、とっさに上下運動を指示しましたが、操縦員が操縦桿を引いた瞬間、操縦桿にガチャンッと敵弾が命中、続いて後席にもバチンと大きな音がして、塵や埃が機内に舞い上がりました。後席に命中した一発は、電信機の太い電纜(でんらん。コードのこと)を切断し、電信員の向う脛をむしっていきました。操縦席の一発は、操縦員が操縦桿を引かなければちょうど手首をもぎ取られていたところで、間一髪でした。

 

被弾はすべて機体の胴体に計8発、当たりどころが悪ければ終わりです。私は『加賀』雷撃隊の5機めでしたが、後に続く7機のうち5機が撃墜され、1機の電信員は敵弾で鼻をもぎ取られました。攻撃が始まって何分もたたないのに、敵の反撃は早かった。これはもう驚異的でしたね……

また、空母「飛龍」雷撃隊の丸山泰輔さんは、

「水深の浅い真珠湾で、いかに魚雷を走らせるかに集中していて、対空砲火はあまり目に入らなかった。先に入った『加賀』雷撃隊はずいぶんやられたようですが……。私は魚雷発射後、左旋回で避退したんですが、右の方に優秀な射手がおったのかもしれません」

と語っている。

「飛龍」雷撃隊の丸山泰輔二飛曹(のち少尉)
SPONSORED