2022.03.14

「こんな馬鹿な戦争」…未来を見通しながらも、運命に翻弄された真珠湾攻撃隊員の悲劇

神立 尚紀 プロフィール

弾幕で空が真っ暗になるくらい撃ってきた

雷撃隊が、2列に並んだ戦艦の外側を攻撃すると、こんどは水平爆撃隊(雷撃と同じく九七式艦上攻撃機)が、内側の戦艦を狙う。水平爆撃隊は、高度3000メートルから、800キロの大型爆弾を投下する。「加賀」水平爆撃隊の小隊長だった森永隆義さん(当時・飛行兵曹長)の回想――。

「高度が低いと爆弾が戦艦のアーマー(装甲)を貫けないので高高度からの爆撃になりますが、海上の小さな目標を狙うのは容易じゃありません。特別な訓練を受けた嚮導機(きょうどうき)をリーダーにして、一個中隊の5機なら5機が一斉に爆弾を投下し、そのうちの1発が命中すればいいという考え方でした。

最初に敵艦を見たときは、いやあ、いるいる、という感じですね。しかし敵はすでに合戦準備を完了していたらしく、撃つこと、撃つこと。弾幕で空が真っ黒になるぐらい撃ってきて、翼がブルンブルンと揺れるほどでした。

それで、爆撃針路に入ると、私たちの前の隊の爆撃で、一隻の戦艦の砲塔がバーンと吹っ飛んで、目の前に悪魔の火のような、赤黒い炎とものすごい爆煙が上がるのが見えました。そりゃもうびっくりしましたよ。あんな大きな爆発は見たことがない。あれが『アリゾナ』だったんでしょう。私の中隊は『メリーランド』型戦艦に2発ぐらい命中させましたが、煙で視界が遮られ、敵艦が沈むところまでは見届けられませんでした」

炎上、まさに沈没しようとする戦艦「アリゾナ」
 

「加賀」戦闘機隊の志賀さんは、攻撃の成功を見届けて、ヒッカム飛行場の銃撃に入った。

「港とちがって、こちらはあまり対空砲火はなかったですね。格納庫の前に大型爆撃機・ボーイングB-17がズラッと並んでて、それを銃撃したんですが、燃料を抜いてあるのか燃えなかった。

それで、ヒッカムの銃撃を切り上げて、煙のなかに飛び込んで、左に太平洋を見ながら超低空、高度十メートルぐらいでバーバスポイントの米海軍基地に向かいました。きれいな景色でしたね、トウモロコシ畑が広がっていて、赤い自動車が走っていて。

バーバスポイントには小型機が並んでいました。それで、そいつに3撃。こんどは、気持ちよく焼かせていただきました。ここでは1人、空に向けてピストルで応戦している米兵の姿が見えたそうですが、対空砲火はなかったと思います。

結局、敵戦闘機は見なかったですね。しかし、私の三番機・佐野清之進二飛曹は、バーバスポイントまでは私についてきていたのに、その後、姿が見えなくなり、行方不明になりました。佐野機はどうも敵の飛行機と空中衝突したらしい、とあとで聞かされました。

攻撃が終わって、戦果確認をしようと真珠湾上空、高度5000メートルまで上がってみましたが、上空から見たら、真珠湾は完全に一つの雲のような煙に覆われ、ときどき、そのなかで大爆発が起こっている。地面も海面も、ほとんど見えない状態でした。よし、完全にやっつけたな、これでよし、と思い、バーバスポイントの北、カエナ岬西方10キロ上空、高度2000メートルの集合地点に向かいました」

SPONSORED