2022.03.14

「こんな馬鹿な戦争」…未来を見通しながらも、運命に翻弄された真珠湾攻撃隊員の悲劇

神立 尚紀 プロフィール

被弾し、敵飛行場に突っ込んだ指揮官の胸中とは

第二次発進部隊には、飯田房太大尉が率いる空母「蒼龍」の零戦9機も参加している。そのなかの1機、藤田怡與藏さん(当時・中尉。戦後、日本航空に入り、日本人初のジャンボ機機長となる)の回想。

「蒼龍」零戦隊の藤田怡與藏中尉(のち少佐)
 

「真珠湾に向け航海中、われわれ搭乗員は暇なので、よくミーティングと称して、分隊長・飯田房太大尉のところに集まっては、いろんな話をしていました。

あるとき、分隊長が、『もし敵地上空で燃料タンクに被弾して、帰る燃料がなくなったら貴様たちはどうする』と問われた。みんなああでもない、こうでもないと話をしていると、分隊長は『俺なら、地上に目標を見つけて自爆する』と。それを聞いてみんなも、そうか、じゃあ俺たちもそうなったら自爆しよう、ということになりました。ごく自然な成り行きで、悲壮な感じはなかったですよ。

われわれ第二次が真珠湾の上空に着いたときには、すでに一次の連中が奇襲をかけたあとですから、敵は完全に反撃の態勢を整えていました。それはもう、ものすごい対空砲火の弾幕でした。

はじめ空中には敵戦闘機の姿が見えなかったので、カネオヘ飛行場の銃撃に入りました。目標は地上の飛行機です。飯田大尉機を先頭に、単縦陣で九機が一直線になって突入しました。3度ぐらい銃撃したところで、爆煙で地面が見えなくなったので、ホイラー飛行場に目標を変更して2撃。ここでも対空砲火は激しかった。飛んでくる弾丸の間を縫うように突っ込んでいったんですからね。

SPONSORED