物語から、80年代の人気者を探せ!

これも絵のうまさからできたことなのかもしれないが、『アイドルを探せ』には、その時代の流行り物だけでなく、流行った人に似た人がたくさん登場する。

主人公の知香子は、当時新しいアイドルとして大人気だったキョンキョンこと小泉今日子を思わせる。ショートカットでボーイッシュな印象もあった当時のキョンキョンは、今までのアイドルとは違って自分の意志を言葉にする存在でもあった。また、女子大生っぽさは、当時大人気だった女子大生出演のフジテレビの深夜番組『オールナイトフジ』のパーソナリティを務めた山崎美貴にも似ている。とにかく、レイヤーたっぷりのロングヘア全盛のこの時代に、「ショートがカワイイ」を作ったのがこのふたりだった。

また、マンガ内で恋愛に絡む男性たちは、当時やはり人気だった吉川晃司風だったり、時任三郎、今はお昼のコメンテーターだが昔はお昼のアイドルだった野々村真だったり……。あれ?この人、誰かに似ている?と、80年代前半の人気者たちが次々と登場するのだ。まさに、80年代図鑑のようなマンガでもある。80年代を知る人はもちろん、80年代って何?という世代も、一体どんな人が漫画の中に隠れているのかぜひとも探してみてほしいと思う。

マンガをいていると、誰かに似ているがたくさん出てくる。ここにも3名ほど似ている人が……。『アイドルを探せ』吉田まゆみ/講談社
-AD-

あまりに浮かれていたあの時代を「悪」という人もいる。確かに、今の不安定な時代を想えば、考えもなく泡のように舞い上がり、弾けた時代だったのかもしれない。でも、さまざまなカルチャーがアグレッシブに花開いた時代でもあった。

主人公が真似をしたかは定かではないが、新しい風を感じたアイドルのキョンキョンは、3月21日にデビュー40周年を迎えたという。80年代からこんなにも月日が経ってしまったのかと驚いた。しかし、最近では80年代の曲が再ブームになり、キョンキョンの曲も再注目されている。また、JUJUが出したユーミンのカヴァーアルバムも話題だ。やはり時代を越えても素敵なものは古ぼけない。

そして、この作品も38年という時間を経ても、やはりおもしろく、古さを感じさせない。リアルな恋愛マンガが好きな人はもちろん、80年代に興味がある人にも楽しめる作品であることは間違いないはずだ。