2022.03.24
# 資格試験

「参考書を1ページ目から読む」マジメな人が陥りがちな「残念な勉強法」

合格する人は、こう使う
並木 秀陸 プロフィール

必要な部分だけを探して読もう

たとえば、問題を解いたときに書いてあった用語がわからなかったら、その部分について読む。つまり「問題を解く上で必要な部分だけ」を探して読むのです。

Photo by iStock

こうすることで、まずAさんのように「最初からじっくり読まなきゃ!」と、気負う必要がありません。さらに、自分がわからなかった部分だけを探して読めばいいことになるので、格段に読む量を減らせます。

ようするに「自分が知らない知識かつ合格に必要な知識だけを読む」という方法で読むのです。

実際にBさんは、この読み方で難関資格に見事に合格することができました。

それはそうです。なぜなら難関資格となれば、基本となるテキストの冊数もページ数も多いわけですから、それを丁寧に1ページ目からはじめたら、読むだけでもかなりの時間が必要になります。結果的に、かなりの時間がムダになってしまうでしょう。

 

この読み方は、難関試験に挑む方や、必要に迫られて資格の勉強をする方には、とくにおススメです。Bさんのように「1ページ目から読まない」「まずはこれを理解したい」と決めてから参考書を開くことが、受かる勉強法にもつながるのです。

SPONSORED