大事なのは使い続けること、肌をいたわり続けること

商品について言うと、男性だからといってメンズ用化粧品にこだわる必要はありません。女性用を使っても何の問題もないです。ただ、男性用スキンケアには、メントールのように男性が好きなスースーする成分が入っていたり、男性の皮脂をしっかり除去してくれるものなど、男性の肌に特化した処方がされている商品が多いのは事実。

でもそれにとらわれずに、使い心地がいいなと思うものに出会えることが大切だと思っています。スキンケアで大事なのは、使いやすいと思えるアイテムを、自分の肌のために継続して使うこと。使用感があまり好きではない高い化粧品をたまに使うよりも、安くても自分の肌に合うものを毎日使う方が、肌のためには絶対いいと思います。

-AD-
三上大進さんインスタグラム(@daaai_chan)より

私も昨年、自身がプロデュースした導入ビタミン美容液をリリースしました。特化したのは毛穴ケア。以前、NHKの情報番組で美容コーナーを担当していた時に、視聴者のお悩みで世代を問わず多かったのが毛穴問題だったんです。

ものすごくたくさんの人が毛穴のことで悩んでいるのを知って、「私だけじゃなかったんだ!」と。皮膚科医監修で有用成分を高配合していて、かつ、お値段は365日使いやすいものを目指しました。

何の理由もなく肌が荒れることはありません。肌は体内を映す鏡なので、先週、そして先々週の自分が頑張りすぎて無理をしていなかったか、寝不足じゃなかったか、振り返ってみることが大切なのだと思います。「荒れたからファンデーションを厚めに塗って隠そう」という気持ちはとてもよく分かります。もし少し気持ちに余裕があれば、「うん、今日の私の肌、少しおブス」と渋々認めてしまいましょう。すると今一番何が必要なのか、答えを持っているのは自分だということに気が付きます。1日も早く美肌へ復帰するために、まずは自分のありのままの肌と向き合うことが大切だと私は思っています。

Text:上田恵子

\『僕はメイクしてみることにした』第1話 試し読み公開!/

▼漫画のつづきを読みたい方はこちら!

著:糸井のぞ 原案:鎌塚亮 「僕はメイクしてみることにした」/講談社