2022.03.25

ひざの痛みは「動かして治す」が大正解…整体のプロが教える「骨ストレッチ」の凄い効果

週刊現代 プロフィール
東大教授が教える「ひざの痛み」解消法
 

福井氏のおすすめが、(1)太もも力でひざ裏伸ばしだ。太ももに力を入れながら、ひざ裏を伸ばしていくと、脚の筋肉が強化される。

「体重をかけたり、階段を上り下りしたりするときにひざが痛む症状が改善されます。これが痛くてできない場合は、(2)かかと滑らせ伸ばしをしてみてください。これも太ももの筋肉が鍛えられ、曲げ伸ばし時の痛みやこわばりが緩和されます。

変形性ひざ関節症には『痛みの周期』があることがわかっています。痛みが弱くなったときに、(1)や(2)の体操を積極的に行えば、一生自分の脚で歩くことも十分に可能です。ひざの痛みが出たからといって悲観的にならず、今からできることがあると知っていただきたいですね」(福井氏)

股関節が楽になる

肩や首、股関節の痛みに悩んでいる人には、骨格を楽に動かすための「骨ストレッチ」に是非チャレンジしてもらいたい。『人生を変える!骨ストレッチ』の著者で、スポーツケア整体研究所代表の松村卓氏が言う。

「体の中心にある骨格や関節にフォーカスし、全身のバランスを取りましょうというのが、骨ストレッチの基本的な考え方です。骨格を整えることで、体のバランスの歪みを治し、痛みを取ることを目指します」

(3)骨ストレッチの基本ポーズは、まず片方の手の親指と小指をつないで輪をつくり、反対側の手の親指と小指で手首のグリグリした部分を押さえることから始まる。

関連記事