2022.03.20

文在寅は「永久に追放」…韓国中枢でいま「文在寅・大論争」が盛り上がるワケ

「文在寅は反省文を書け」とも
武藤 正敏 プロフィール

「共に民主党」内部からバッシング!

中央日報によれば、「共に民主党」の蔡利培(チェ・イベ)非常対策委員・議員は大統領選挙敗北の理由として「青瓦台と民主党は過去5年間、ネロナンブル(自分(ネ)がすればラブロマンス(ロ)、他人(ナン)がすれば不倫(ブル)という自分たちに都合のいい二重基準、(国民)二分化、独善など『悪い政治』をし、国民の心を失った」ことを挙げた。

そして、「文在寅大統領は少なくとも退任の時には反省文を残して離れればいい。『私はうまくやった』とばかり書くのではなく、二分化、政策失敗などを認めて反省してこそ国民がまともに評価するだろう」と述べた。

 

同議員は、安哲秀(アン・チョルス)氏が代表の国民の党の議員であったが、昨年、李在明(イ・ジェミョン)陣営に公正市場委員長として合流、民主党員となった人物であり、民主党の姿勢に対して客観的な見方ができるので、厳しい指摘をするのかもしれない。

しかし、旧来の民主党の中からも反省文を出す議員が続出していると朝鮮日報は報じている。李在明氏に近い鄭成湖(チョン・ソンホ)議員はFacebookに「国民が作り上げ、一時的に委ねた権力を自分のものかのように独占し、ダブルスタンダードで傲慢な行為を繰り返し、審判を受けたという事実を早くも忘れ、自分には責任がないかのように欲張った結果、永久に追放されたものだ」と指摘した。

SPONSORED