2022.03.20

文在寅が「嫌がらせ」で、韓国・新大統領がさっそく直面する「新たな試練」

公共機関長を文在寅人脈で占める
武藤 正敏 プロフィール

大統領府改革の「一丁目一番地」

首席秘書官は「帝王的大統領制」の弊害を指摘する際あげられる代表的問題である。首席秘書官は次官級であるが、実際には長官よりも大きい権限を行使することが多かった。

尹錫悦氏は「各政府部署が引き受けた業務の最終責任を担い、大統領室は政府全般が円滑に作動するシステム管理に集中すれば、自然に責任首相制が定着するはず」「大統領室は大統領だけが担うことができる全体の国家的、部処的事案に集中できるスリムな戦略組織に再編される」と説明した。

 

廃止することが指摘されているのが民情首席であり、大統領府の監査機能は廃止する。

大統領府の改革は、韓国の帝王的大統領制を改革するための一丁目一番地である。

韓国の大統領制が民主化されれば、韓国社会は変わってこよう。文在寅政権の再来は防がなければならない。

SPONSORED