定説2 オレオちゃんの「あざとい」は正義

最近、「あざとい」「ああざとかわいい」という言葉をよく耳にします。本来「あざとい」という言葉は、計算高いとか、抜け目ないといった、ちょっとずるいイメージがある言葉でした。ところがここ数年、ポジティブなニュアンスで使われることも増えてきています。

-AD-

猫を見ていると、もしかしてわかってやっているの?と思うほど「あざとかわいい」と思う瞬間がありますよね。藤家のオレオちゃんもも、このあざとかわいいが大得意です。

「偶然した表情があざとかわいいときもありますが、よくあるのが、いたずらをした後にする表情。『いたずら? 何のこと? そんなことしていないよ』という感じにあざとい表情をすることがあります。これには『ずるい!』というよりも『すごい!』と思うしかありません(笑)。あざとい黒目がちな瞳で見つめられると、かわいいんだから!と100%許してしまいますね。オレちゃんがわかってやっているのかはわかりませんが、絶妙なタイミングで出してくる。この顔すると私が喜ぶことはわかっているような気がします。もう、『猫のあざとかわいいは正義』なのではないかと認めるしかありませんね(笑)」(藤さん)

高いところからアンニュイにみつめるのもオレオちゃんの得意技。写真/藤あや子
まん丸の黒目がちな瞳で見つめるオレオちゃん。狙ってのポージングだったら天才です!写真/藤あや子
こんなクネクネポーズのときにも目線をこちらに、かわいさを忘れないオレオちゃん。さすが!写真/藤あや子